2007年12月26日

思い出のクリスマス

今日はクリスマスの思い出のお話を・・・・・

クリスマスと言えば教会でのミサですよね。
私にとってもっとも印象深いクリスマスのミサは、
サハラ砂漠のど真ん中にあった、教会でのミサ。
その教会はアルジェリアという国のタマンラセットの町から70kmぐらい離れていたかな。
その間本当に何もない荒野、人が住めるところではないし、来るところでもない。
そんなところに、8畳ほどの小さな掘っ立て小屋のような教会が山の上にあります。
昔白人の宣教師が建てたそうで、普段は誰もいませんが24日は神父さんが来て礼拝をします。

イスラム教の国だし周辺に誰も住んでいないのだから誰も来ないだろうと思ったのですが、
砂漠の奥深くにそんなものがあるのは珍しいらしく、24日ヨーロッパ人ツーリストが来ていた、30人ぐらいでしょうか、それほど多いわけではないのですが、でも、山の麓の小さな山小屋は、予約をしていかなかったので、泊まれず野宿ということになった。
サハラといえども高地です、夜の気温は10度以下になる、テント持っていなかったし風も吹いていてむちゃくちゃ寒い!でもまあしょうがないなと野宿の準備をしていると、10人ほどのイタリア人ツーリストの人達が私達の部屋へ泊まれと誘ってくれた。
そして、夜中の0時にミサが行われるので、その前にみんなで山に登ります。
電気なんてあるわけないのですから、山頂は真っ暗ですよね、小屋では蝋燭の火だけでミサを行いました。

私にとっては初めて参加したクリスマスミサ、それもなんかえらい苦労をしてそこに居るわけで、やはり一番印象に残ったクリスマスイブです。

もう1つ思い出深いのは中米の国ガテマラのアンティグアという町。
アンティグアの町はヨーロッパの中世の石畳の町がそのまま残ったようなとても美しく情緒のある町で、さらに町の中に教会が沢山あり、まるで京都のようなところ。
私はそこで12月の1ヶ月間スペイン語の勉強をするためにホームステイをしていました。
クリスマスに近くなると、教会内の飾りつけをします、キリストの誕生みたいな演劇もやっていたな。
そして、クリスマス当日は子供達の聖歌隊が家々を回って歩くんです。1曲歌ってまた次の家に行く、あれはお金もらえるのかな?よくわかりませんが、これが凄く情緒があった。
そして、クリスマスイブは夜通し大騒ぎ、もちろん教会では厳粛にミサが行われているのですが、教会の前では体に花火をつけた人がでてきたりね。爆竹ならしたりもうお祭りです。日本の正月に近いかもしれない。

クリスマスの日ではないですが、フィンランドのサンタクロース村というのに行った事があります。
そこにサンタクロースがいました。
りっぱな白い髭と赤い服、間違いないでしょう。
なんかうれしくってね、サンタクロースに抱っこしてもらって写真を撮りました。

それと、クリスマス繋がりとしては、ドイツのローテンブルグという古都の中にある、ケーテ・ヴォールファールト というお店も印象的だった。
このお店一年中クリスマスの飾りを売っているお店なんです。
中は所狭しとクリスマスに関する雑貨が沢山雑多かつ綺麗に飾りつけされてあり、その中を迷路のように歩く感じになっていて(店内一方通行だった気がする。)、まるで夢のおもちゃ箱の中を歩いているような、または雑貨博物館のようなお店。
一見の価値があるお店です。


クリスマスの一夜を女性と過ごしたことがあるかというと、
あります。
12月24日にアメリカ人の女性と山中湖の民宿に泊まっていたことがある。
目が青い肌の白い生粋の白人だから、さぞかしクリスマスには思い入れがあるだろうと思ったのですが、
・・・・・
それは白人に対する先入観念のようです。
彼女は私はクリスチャンではないと言っていた、
そっか、私もクリスチャンではないよ・・・
終わり。
クリスマスなしです。

彼女、ジューリッシュ系だったんですね。イスラエル系です。
クリスマスはキリストの誕生日を祝う日ですよね、そのキリストが生まれたのはイスラエルのベツレヘムです。育ったのがナザレ 死んだのがエルサレムと、キリストが生涯をすごしたのがイスラエルですから、さぞかしイスラエルのクリスマスは盛大なのだろうなと想像するでしょう。
でも違うんです。
イスラエルに詳しい人は知っていると思いますが、
イスラエルはユダヤ教徒とイスラム教徒が多いので、クリスマスを祝う人は少ない。
町もキリスト教会以外はクリスマス色はないそうだ。
世界もいろいろあるものです。

赤道直下の国、ナイロビの小さなお店の前で黒人の人がサンタクロースの格好をして呼び込みをしていたのは笑ったな。
なんか嬉しかった。

日本でもクリスマスのミサは参加できます。
私は四ツ谷にある、聖イグナチオ教会 のクリスマスミサには行った事があります。

他にも
ビザンティン形式の建物のニコライ堂や
ロマネスク様式とルネッサンス様式を融合させたカトリック神田教会
近代的な建物の東京カテドラル聖マリア大聖堂
など、素敵な教会がありますよね、

どこの教会でも参加できると思いますので、
今年は過ぎましたが、来年もし暇だったら行ってみるといい。
キリスト教徒ではなくても大丈夫です。

ミサに行くとクリスマスの感じ方が違うと思うし、
クリスマスの一日の印象がアップします。


posted by teruterufox at 20:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74800458

この記事へのトラックバック

クリスマスイブはイスラエルのベツレヘムで。(動画もアップ)
Excerpt:  2007_12_26  今はもう26日でしたっけ。最近は飲んでばかりでいまいちはっきりしないのです。今日も二日酔いです。で、楽しそうだな、エルサレムでクリスマス、安宿で楽しくやって...
Weblog: 海外旅行をしながら収入ほしい<アフィリエイトで世界一周>
Tracked: 2007-12-27 00:19

年末はハメくり確定(笑)
Excerpt: とにくかくえろい人が多すぎ(笑) やっただけで34万もらえたりするし(笑)
Weblog: ずっこん!
Tracked: 2007-12-29 22:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。