2005年09月03日

祭りの後

ちょっと間が開いてしまいましたが六本木の続き

お客さんに六本木で遊んできたといったら、ついに風俗デビューしたかと言われました。
しかし、残念ながら行っていません。

続き

六本木の町もライブをやっていたお店も、黒人の男性が多かったのですが、彼らがもてるというのはなんとなく分からなくない。日本人の私からみると一見恐そうそうなのですが、話してみるとなんかやわらかく陽気、目と口が白くはっきりしていているので笑うと優しそうに感じます。そして、彼らはその場その場を楽しんでいると感じるので、話しがとてもスマート、女性に声を掛ける時も自然に感じさせる。日本人男性と対照的な彼らが日本人女性にもてるのはなんとなくわからなくないのです。

私の知り合いは黒人の女性ですが、彼女にも多くの人が話しかけていたし一緒に踊っていた。
一緒に踊るときの誘い方がなんか自然で、いつの間にか一緒に踊っているそんな感じです。
それってなかなか日本人には出来ませんよね。
長く彼女に話しかけていた人がいたので、後で知り合いか聞くと全然知らないしルオー語(アフリカの一部族)で話しかけてくるので全然言葉がわからなかったとか言っていた。
言葉が通じていないのに話しかけてくる黒人男性の男としての心意気を感じなくもなかったです。
ただ、私の知り合いの女性は日本人と結婚しているので、他の男性の誘いにはのりません、さらに、黒人の男性はいい加減だから嫌いだと言っています。嫌いだといっても彼女もその場その場を楽しんでいると感じる、それもまた黒人らしいですね。

*誤解のないように書きますが、黒人の人がみないい加減ではありません、おとなしく真面目な人も沢山います。*

ライブは一度2時過ぎに終わりました。3時ごろにもう一度あるというのでもう帰る電車もないし、それも見ることにしました。 私の知り合いの女性は他の人と一度食事に出て戻ってくると言っていましたが、私はそこで知り合った他の日本人男性と話しをしながら待つことにしました。そのライブも3時半過ぎには終わってしまったので彼とそこを出ました。そして彼はタクシーで帰ったのですが、私は始発までどこか休むところを探しに歩きはじめました。
もう4時近いのですが六本木の町は若い人達でぎわっています。お祭りのあとみたい。女性は日本人の人が多い気がしなくもないのですが、私に声を掛けてきた女性、日本人かなと思ったら、3000円でいいよと、つたない日本語を話していたのでアジア系の方のようです。
六本木の町は中国、韓国系の方も多いのかもしれない。

私はとりあえず休みたいなと思ってマクドナルドに入りました。
中ではみんな寝ていた、私も眠くなってうとうとし始めてしまいました。みんなそんな感じで席が埋まっていたのです、そこに一人の女性が食事を持って席を探しているのに気がついた、彼女があたりを見回して選んだ席は唯一黒人の方が座っていた席です。さすが黒人さんスマートです。

始発は5時過ぎですのですこし前にマクドナルドを出ました、そこで黒人の女性を見かけたのがなんか祭りの後を思わせて不思議な感じがした、その女性は先ほどのライブをやっていたお店にいた人です、一番楽しげに男達の間を飛び回りひときわ官能的に踊っていた女性でした、私は彼女はだれか男性と帰るのだろうなと思っていたのですが、その彼女が一人夜が明け始めた六本木の町を歩いていたのがなぜか今回とても印象的な風景だった。

祭りの後を思わせます。


始発の六本木駅は沢山の人でにぎわっていました。


posted by teruterufox at 02:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。