2005年04月25日

レンタルボックス

今週は、便利屋のことやお店のことをいろいろと考えた週でした、特に便利屋で思ってもいない問題が起こりました。
今回の件でお店は変わりませんが、今私は別な方法でお店の運営方法をかえようと思案しています、それは、30cm立方のボックススペースを月貸しするというものです。この案は以前よくお店に来るお客さんが下北沢のお店を見ていいんじゃないかとチラシとURLを教えてくれました。(ありがとう)今回便利屋と完全に分けて考えることにしたことで、私の中でこの案が再度浮かんで来たのです。

私はこのお店をみんなが運営するみんなのお店というイメージを思っています。このレンタルボックスによる委託販売の案に私なりのアイディアを加えることでそのイメージに沿った面白いことが出来るのではないかなと思いはじめています。
たとえば、箱は自由にデザインやデコレーションをして使ってもらうとおもしろいなと思う、
展示販売するものは、手作り品やリサイクル品が多くなると思いますが、広告宣伝でもいいですね、地方の名産品でもいいと思う、
でも私的にはアート的なおもしろい作品の展示場所になると面白いなと思っています。

そう考えると30cmの中でどんなことが出来るかなと思うとおもしろいです。
手作りのケーキを置いて売ったり、魚飼ったり、土を入れて花の種を植え毎日水あげたり、ボックスにふたをして覗き穴をつけて覗かせたり、ゲーム作って100円で遊ばせたり、今日の言葉を30cmの箱に一枚ぶら下げたり、箱に絵を書いたり、写真日記を一冊置いて毎日みんなに読ませたり・・・・

そんな無駄なことにお金を出してくれる人がいるだろうかと思うのですがアート思考の方ならわかってくれると思う。

この話を何人かのお客さんにしました、リサイクル品を持ってくる人にとってはちょっと敷居が高くなるので抵抗があるかと思います、でも売れるものであれば儲かるはずです。
リサイクル品でもデコレーションによっては魅力的に見え価格も高くできます。1個1000円で売れるものが10個売れれば今と同じ元は取れるわけです。売れない人にとってはつらいですが、そこに自分のスペースがあることを楽しんでいただければとは思います。
箱の大きさによって利用価格を変えると、敷居が低くなるとも言われましたので、それも考えたいなと思います。10cm立法を500円ぐらいにするとかね、そしたらみんな気楽に借りてくれるだろうな。

30cmの中でどれだけのものを表現して売ることが出来るかそのアイディアも提案していきたいなと思う。

スペースを区切ることによりお店もすっきりします、小さなお店ですが壁側のみにボックスを置くなら 真ん中には丸テーブルや平イスを置いたりできるかな?  今の机をなくせば可能なような気がします。 また、今の委託より管理がラクになるので、だれか別な人と交代で出来るような気もします。そうしたら私の時間の余裕も出来る・・・・。

なんかいろいろ思案中で、また、新しいアイディアも募集中です。 

ただこの案も、今すぐは出来ないので、通常の委託販売は再開しています、委託のある方お店に持ってきてくださいね。

よろしくお願いいたします。


posted by teruterufox at 02:02 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3139921

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。