2006年12月20日

ケニアでのお仕事

何人かの人に、アフリカで仕事をしていたのですか?
と聞かれました。
先日の記事に、そのようなようなことを書きましたからね。

普段の私を知っている人は、私が海外に行っているとは思わないでしょう。
どこにも行ったことがないような顔をしていますので、そんなオーラは全然でていません。
私はオートバイで旅行していて、訪れた国は35カ国位かな、主にヨーロッパ、アフリカ、北米、中米、南米です。トータルで約6年日本にいなかったのですが、アジアを旅行していないので、世界旅行者としては訪れた国は少ない方です。

ODAの仕事はケニアで2年弱しました。
どんな仕事かというと、ダムや灌漑用水路や水田、それと農業支援施設学校なのど建築です。私はそこでコンクリート構造物の施工図面を書いていました。

現場の規模は結構大きく、
用水路延長等は10km近くあり両側に道路と歩道を作りました。この水路の為に山を切り開いていく風景はかなり圧巻でしたよ。
ダム周辺などは見渡す限りの大地を引っかきまわして山すらも取ってしまいます。
土木工事現場というのは雄大な風景だなと思ったもんです。

現地のワーカーは多いときで千五百人以上いました。
かなり大きな現場だと思うのですが、それをまとめているのはたった10数人ほどの日本人です。
私は、3年のプロジェクトうち、2年弱ほど参加させていただきました。

出来上がったあとはケニア側が管理運営をしているのですが、
その後どうなったのか? 
ちょっと気になったのでネットで調べてみましたら、経済協力評価報告書というのがあった。これによると、うまくいっているみたいで安心しました。

経済協力評価報告書

でも、他を見てみると、「98年末にコメの買取価格をめぐる農民たちの不満が表出し、死者を出す暴動が起こった。」という記事があります。 ん〜〜〜。

http://www.jiid.or.jp/j/ARDEC/ardec25/Resource.htm


ケニア山の麓で、みんな幸せに暮らしていた、いい町だったんですけどね、そんな暴動が起こってしまったのは残念です。
私がいたのは14年前で、今も大して変わっていないのではないかなと思っていますが・・・・
なんだかんだ言ってもまだまだ生活は大変なのでしょう。

ケニアにもう一度行けるなら、是非訪れてみたいな。


ところで、私が働いた経験からいくと、PKOとして自衛隊がなぜ道路整備に大勢いかなければならないのか不思議でならなかった。正直自衛隊が行くのは大袈裟です。戦闘に行くなら話は別だけど、そうでなければ、数人の日本人と現地のワーカーで立派に道路は作れるのに。それに現地の人にとっても仕事にありつけるからいいはずです。危険地帯ならなおさら外人より現地の人の方が安全なのでは?
莫大な予算を使うならもう少しやり方を考えた方がいいのではないかと思います。



posted by teruterufox at 14:50 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
テルテルさんのこういう体験談を拝見すると自分が恥ずかしくなります。。。
アジアやアフリカの様々な問題を書物やメディアを通じた視点からだけで見て罪悪感を持ち、ブログなどで”論じる”だけでは単なる自己満足であり、偽善に過ぎないと思います。
そう感じることがあり、ブログをやめたのもひとつの理由です。
特に恵まれた環境にいる人ほどそういう傾向にあうようですが、本当に何かを”感じるなら”テルテルさんのように”不言実行あるのみ”なんですよね。。。。
彼らには失うものが大きいから自分を犠牲にしてまでは行動しません。
結局他人事でしかないから、「ホテルルワンダ」の中のセリフの”報道を観て「怖いね」と言いいながらディナーを食べ続ける”のです。(知識人ではないけど日本で安穏と暮らしている私を含め)

ゲバラがある文筆家から「何か自分にできることはないか」と尋ねられたときにため息をつきながら「私も医師でした」と経験から”知識人は結局役に立たない”ことを示唆したことは有名ですよね・・・いくら論じても彼らにとっては他人事でしかない、、、論じることで何か自分も役に立っているような気がしているだけなんですよね。。。虚しくなります。
Posted by blue at 2006年12月23日 08:53
ブログ、はじめまして。
海外オーラ(?こんな言葉ない?)出てます・・・。自由人て言うのかな。オーラを、言葉に、するのは難しいですね。

病院なら診察券の発行番号から、客になった順番が、わかりますが。
貴店では不明につき次回から、HNは、88 ハチ にしますー。よろしく!!
Posted by 客になった順番ナンバー88?より at 2006年12月25日 00:45
blueさんにそう言われると私の方が恥ずかしいです。
私はあの時アフリカに興味があったのでアフリカに行きそして仕事もしました。でも、もしアフリカに興味がなければ、アフリカには行かず別なことをしていたでしょう。あまり大袈裟には考えていないんですよ。
現に今はアフリカとは離れています。だから私の体験でblueさんが恥ずかしがるのは違っています。

それと論じることは大切だと思います。
ゲバラは「犯罪的に無関心」と表現していますし、マザーテレサも 「愛の反対は憎しみではなく、無関心。」 と言ったのは有名ですよね。
力のないものは意見を言ってはいけないという風潮もよくないですよね。世の中、論ずる人もいれば行動する人もいる、なにもしない人もいます。人によって興味の対象は違いますし、人には適材適所があるのですから、お互いを否定するのは了見が狭く間違っています。

blueさんの論点や視点も大切だと思うんですよ。それにより、別な人に新たな論点が芽生えるかもしれませんし、なによりblueさんにとって新たな視点が芽生える大切なことだと思います。自己満足や偽善と思うことも新たな視点なのかもしれませんね。
それも大切なことだと思います。
Posted by teruterufox at 2006年12月26日 00:57
客になった順番ナンバー88さん、はじめまして。
ではなくお店に来たことがある人ですね。こんばんは。

自由人というより、のんきなだけですよ。

これからもよろしくお願い致します。
Posted by teruterufox at 2006年12月26日 01:15
それはテルテルさんのご謙遜です(笑)
多分そういうお返事が返ってくるだろうとは思っていましたが。
通りすがっただけの旅行中に普通、誰が開発援助に足を突っ込むでしょうか?テルテルさんは現地で貴重な存在だったと思いますよ。^^

興味のあるなし云々、ではなく、私が言いたいのは、行動ができるかどうか、の一点のみです。
別に、「論じる以上はアフリカへ行け」とは言いません。
でも、自衛隊の感想は現地へ行ったかたならではの貴重な感想だと思いましたよ。
経験からの発言は実に貴重だと思います。

私のつぶやきは、過去、ホワイトバンドやアフリカ映画の記事について、あちこちのblogやmixiなどを読んだ感想というか、感じた私の独り言のようなものでした。
論じることは確かに必要ですが・・・皆、その場で終わってしまっていて論じることがまるで一種の「流行」みたいな印象なのです。
多くの話題の内のひとつにすぎないというか、、”論じることが楽しい”サークル活動みたいなのです。
悲劇を悲しむ自分の姿に酔ってる?気さえしました。
悲劇を哀れむ美しい文章を書いてる人ほど次の日にはブランド物や高級車が買う話、海外旅行に行く話だとか、マンガやアニメ、ゲーム三昧、かと思うと愛国精神や戦争容認、など真逆の話題なのを見るとしらけることもありました。
もちろん人それぞれの生活があるし、それを批判しても仕方がないのはわかっています。
何を言うのも自由。

なにもアジアやアフリカへ出向いていかなくても自分たちの身の周りでもいろんな弱者の問題はあります。
”悲劇”のスケールの大きさが違うせいか、地味な国内問題をとりあげる人は少ない。
でも、本人が書いてるような何かをヤル気が本当にあるのなら、アフリカよりも日本国内なら手が届く活動があるでしょう、と思うのです。
遠い国であっても、世界はつながっています。
空や海や空気がつながっているように、人と人の心もつながっています。

地味な身近なボランティアをする気はないくせに、手に負えなくて派手な飢餓問題を取り上げるのは”気が遠くなるほど不可能”で手に負えないことを、口実にしているだけなように思えてきたのです。
今まではおっしゃるように、新しい視点を広げるため、という目的もありましたが、所詮blogは自己満足に過ぎないのですよね。

これは勝手な私のつぶやきです。
長々と失礼しました。

Posted by blue at 2006年12月31日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29924440

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。