2005年03月31日

ワルツ プカプカ

今私は大塚マサジの「風の学校」というアルバムを聞いています。
なんか心が落ち着く感じがする、そんなアルバムです。
カルメンマキですらマイナーの歌手なのに
大塚まさじといったら本当に誰もしらないかもしれない。
でも私はなんとなく好きでよく聞いています。

何故このアルバムが私のところにあるのかというと・・・・・・
先日 私はカルメンマキのアフリカの月が好きだと書きました。
そしてこの歌を作った人が知りたくて、調べると作曲が西岡恭蔵という方、作詞は奥さんのKUROさん、西岡恭蔵は昔昔 デュランU というグループを作っていました。
そのメンバーの一人が 大塚まさじそれで、アフリカの月 を歌っているアルバムを探した、
大塚まさじが歌っていた。彼のベストアルバムを購入してお店で聞いていたら、私アフリカの友人がいいからとCDコピーをしていった。
彼は北海道に住んでいるのですが、その彼の友人が大塚まさじの別なアルバムを持っていたのを見かけ、それをコピーして私に送ってくれたのです。そして今そのアルバムを聞いている。

最近私は歌を聞くとき歌詞を気にするようになりました。
あ! この歌詞いいなと思って好きになることがあります。
アフリカの月はどんな人が作ったのかなと思って調べてみたら西岡恭蔵にたどり着いた、他にどんな曲を作っているのかなと思って調べてみてびっくり、矢沢永吉の「黒くぬりつぶぜ!」や「トラベリンバス」は彼が歌詞を作っていた。
中学生のころ私は他の人の例に漏れず私も矢沢永吉の曲をよく聞いていました。特に「黒くぬりつぶせ!」の歌詞は好きでこの曲を聴いて心を高ぶらせていた。トラベリングバスは
永ちゃんの代表曲ですね。
キャロル解散後の矢沢は作詞家に西岡恭三や松本隆を起用していたようです。
それでキャロルという若者の歌から大人の耳に耐えられる曲作りに成功してヒットしたんだと思います。
その当時の矢沢が一番よかったんじゃないだろうか。その影に西岡恭三がいたとは・・・・・
最近アフリカの月を聞いた私は西岡恭蔵に20数年の時を越え再開したことになります。

実は西岡恭蔵は6年前に奥さんのあとを追って首をつって自殺をしています。奥さんのKUROさんはさんはその2年くらい前に癌で亡くなっていました。KUROさんは亡くなった時に追悼コンサートも行われたぐらい人気があったようです。アフリカの月も奥さんのKUROさんが歌詞を書いています。西岡さんが亡くなったときも追悼コンサートが行われています。今年もZOさん(西岡恭蔵)の唄、KUROさんさんの詩 として追悼コンサートが
行われるみたい。

050330-1.jpg


ZOさん(西岡恭蔵)の似顔絵
050330-2.jpg

KUROさんの似顔絵
050330-3.jpg

二人の似顔を見ているとなんかほのぼのしていていいな
なんて思ってしまいます。


天国のZOさんとKUROさん
050330-4.jpg





実は、ワルツ、プカプカ のことを書こうと思ったのですが
また、続きということで・・・・・。


posted by teruterufox at 02:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 思ったこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。