2006年08月29日

踊る阿呆に見る阿呆、 同じ阿呆なら踊らにゃ損損

日本でもっとも有名な踊りは、阿波踊り じゃないでしょうか。
阿波踊りは徳島が有名で一度は見てみたと思っていたのですが、なかなか徳島まで行く機会はありません、しかし、先日26日東京は高円寺の阿波踊りを見ることが出来ました。

この高円寺の阿波踊り、全国各地で行われる阿波踊りの中では徳島に次ぐ大きな規模だそうです。HPを見たら踊り手が12000人もいるそうな、凄い人数ですね。

最初は踊りだけを見ていたら飽きるかなと思ったのですが、これが意外と飽きない、見ていて楽しくて面白いのです。みんなそれぞれの踊りかたで楽しく時にはコミカルに踊っている人達を見るのはこちらも楽しくなります。
そして、「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」の唄のとおり、見てるよりも思わず踊りたくなってしまいました。

阿波踊りの起源は知りませんが、阿波踊りには人の心を引き付ける何かがあるような気がします。
それは、嫌なこともなにもかも、全ての想いを忘れ一心不乱に踊る魅力でしょうか、一種のストレス発散なのかもしれない。
兎に角楽しく踊ることにどんな人でも魅力を感じると思う。
一年に一回ぐらいそんな時間が有ったほうがいいんじゃないかと思いますし、現代人は多くのストレスを抱えている人が多いから阿波踊りはこれからどんどんと行われるようになるかもしれませんね。
私も機会がありましたら踊ってみたいものです。


阿波踊りを楽しんで、帰ってくると留守電が溜まっていた。

そしてそれは、とても悲しい知らせだった・・・・・。





060829-1.jpg

060829-2.jpg

060829-3.jpg

060829-4.jpg

060829-5.jpg

060829-6.jpg

060829-7.jpg

060829-8.jpg

060829-9.jpg

060829-10.jpg

060829-11.jpg

060829-12.jpg

060829-13.jpg

060829-14.jpg


060829-15.jpg






posted by teruterufox at 23:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。