2006年08月23日

熊さん

今回田舎行って一番大きな話題が

今岩手では熊が大量発生しているようで、どの親戚の家に行っても、熊の話題がでました。
私の従兄弟は農場をやっているのですが、その農場にも熊がよく来るそうです。
今の季節はトウモロコシを食べにくるそう、一度来れば100本ぐらい食べてしまうらしい、ちなみに、キツネも沢山出るそうですが、キツネは一度に4〜5本程度ということですから、熊の被害は膨大であり尋常ではありません。そこで、市の許可を得て罠を仕掛けているそうです。

従兄弟の叔父さんが、その罠で熊が捕まった話をしていました。捕まった熊をどうしたかというと、焼却処分(みんなで分けて食べちゃったそうです)にしたそうです。この熊の肉ですが叔父さん凄くおいしいと言っていた、そんなにおいしいものなら食べて見たいのですが、でも、別な親戚の人は生臭くておいしくないようなことを言っていた、また別な親戚の人は、すぐに食べないで土の中に置いてから食べるとおいしいような話をしていたような・・本当か? どれが正しいかわかりませんが、一度は食べてみたいものです。でも熊の肉売っているのを見たことないですよね? どこへ行ったら買えるのかな?

いたるところに熊に注意の看板が増えていたし、秋田との県境のパーキングエリヤも熊注意ということで外の休憩場に柵がしてあり入えれなくしてありました。熊が増えているのかな?私の母の実家は山側にあるのですが、昔は熊がでたと言う話は聞かなかったと言っていたののが不思議。昔より野生動物がふえたんだろうか? 昔山には結構人が入っていたけれども、今はもう山で仕事をする人はいなくなり、山には昔より人の手が入っていません。だから住み分けが出来るんじゃないかと思うのですが、熊も都会の生活がすきなのかもしれませんね。

私も熊をみたことがあります、それも結構至近距離です。
でも日本じゃありません。
カナダとアラスカの国境の町スチュワートからサーモン氷河を見に行く途中に熊がよく出る場所があります。そこで沢山の熊を見ました。もっとも近くでみたのが小さな沢の橋の上にいたら親子の黒熊が現れました。小さな沢でしたから5mぐらいの距離だったと思います本当にすぐ近くだったんですよ。沢には鮭が沢山泳いでいるのですが、親熊が私の見ている橋の下にその鮭を取りにきました。それで小熊は沢に入らずに岩の上で親熊が鮭を取ってくるのを待っているんです。岩の上で立ち上がって背伸びしたりしてね、それが凄くかわいかった。そして親が鮭を取ってきたら山の中へ帰っていきました。
グリズリーと呼ばれる大きな茶色の熊もいましたよ。この沢に続いているもうちょっと大きな川で鮭取ってた。川で鮭を取る熊の姿は結構面白くって暫く眺めていました。この川は本当に熊が多く、ほかにも沢山の熊をみました。
どの熊も鮭とるのが忙しくて人のことは気にしている様子ではなかったです、だから怖いとは思わなかったのですが、その川の下流のキャンプサイトでキャンプをしていたので、寝ている間に襲われたらやだなと、食料を密閉してにおいが出ないようにするなどかなり気を使って寝た記憶があります。

話はちがいますが、昔ウガンダという国の湖の近くでキャンプしていたら、朝方テントを揺らす音で目が覚めた。外を見るとなんと大きなカバがテントの周りに沢山いてびっくりしたことがありました。カバはテントの周りにある草を食べに来ていたんです、カバ図体デカイけどもかわいいですよ。


ちなみにこのアラスカの川には本当に鮭がおおくて、小さな沢にも1m四方に5匹以上いました。養殖でもしているのかと思うぐらいの数でまさに足の踏み場もないほど、沢に入った鮭は人でも容易に手づかみが出来ます。
岩手の熊も山に食料があれば、里には下りてこないのかもしれませんね。




posted by teruterufox at 02:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22687457

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。