2006年03月23日

侍魂 王JAPAN世界一

060322.jpg

日本が野球世界一になりましたね、
やはり自分の国が優勝をするというのは気分がいいものです。

王JAPAN世界一!バンザーイ!

決勝戦の視聴率は50%を超えていたとのことですので、ほとんどの人が日本の優勝を見たんじゃないかと思います。
私も決勝戦の前半だけ見ました。途中でお店に行ったので優勝の瞬間が見れなかったのが残念です。

日本の選手みんな頑張ってくれましたね、特にイチローの活躍は目立った。
日本チームにキャプテンとかいないかもしれませんが、イチローが事実上の主将、まさに猛将の名にふさわしい存在感を見せてくれました。そのイチローがこのチームを盛り上げていったような気がします。

最初WBC大会がどれほどのものなのかなとちょっと疑問に思っていたところがはありました、世界大会といえども五輪と同じように、和やかなというかいまいち盛り上がらないんじゃないかなと思っていたのです、しかしイチローの真剣さがみんなを変えた、イチローの真剣さがチームだけじゃなく見てる日本のファンをも引っ張り、大会の雰囲気を引き締めた、野球で一喜一憂するのも久しぶりです、それは何よりも選手達が真剣だったからに他ならない。
その真剣な姿勢は、まさに侍のイメージと重さなります。
男はやっぱああじゃなきゃね。

ネットで松坂がこんなコメントをしているのを見つけました。
「この日本代表のシンボルのような人だった。当然、言葉でみんなを奮い立たせるようなこともありましたけど、ほとんどは背中でチームを引っ張っていたと思うし、あれが本当に、『背中で引っ張るということなんだなぁ』と目の前で見せてもらいました。刺激を受けたのは、僕だけじゃない。みんながイチローさんの背中を見て、刺激を受けた。野球人として、いい勉強をさせてもらいました」

なんか、カッコいいですね、男ですね。


そして、そのイチローが 「最高のチーム!」 と絶叫した日本チーム。
それは王監督の存在抜きには語れないんじゃないかと思う。
王監督の下だからイチローも自分を出せたんじゃないかと思うのです。
長島が天才と見られていたのに対し、王監督は現役時代から努力の人というイメージ、漫画巨人の星を見たらそう思いますよ。
王監督は真面目で誠実で謙虚な人 長島監督や野村監督、大沢や星野監督とはまた別なタイプの監督ではないかと思います、そんな監督の下でのびのびプレーできるからみんな自分を出せる、ホークスも王監督になってから強くなりましたしね。
イチローはこのチームでメジャーを戦いたいと言いましたが、それは、今のマリナーズに足りないものが日本チームにはあったんじゃないかなと思いますし、それが王監督抜きにしては語れない部分だと思うのです。

今日もう日本に帰ってくるんですね、
ご苦労様でしたと、言ってあげたいな。

日本チームの皆さん
楽しませてもらいました、
ありがとうございます。


しかしイチローいつも無精ひげですが、あれ以上のびないのだろうか?


posted by teruterufox at 00:13 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15298260

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。