2008年08月05日

古河花火大会

先週末、友人達となんにも仙人の地元古河で花火大会を見てきました。
花火いいですね〜。

東京の花火大会は人がいっぱいで、遠くからしか見れないのですが、古河ですと、かなり近くでそれも寝ころがって見ることが出来ます。それでいて、打ち上げ数は15000発だから、規模は大きんですよ。
電車賃はかかりますが、花火をみるには穴場といえるかもしれません。

一瞬の壮大な輝きと爆音のあと、消え行く花火と静寂に包まれるに空間に、心の情熱が頂点に達した後のような、夏の一番暑い日を通り越したような、もの悲しさを感じます。

花火は近くで見ると凄いです。
視界全てが花火に覆われるのですから、その迫力には圧倒されます。
その中でもこの写真の花火は凄かった。
080803_4bs.jpg
三尺玉なのでしょう、夜空の視界一ぱいが華やかな輝きに満ちていた。

他に100枚ほど撮影した写真をスライドムービーにしました。
2008年8月2日古河花火大会スライドムービー

ちなみに、花火の音は携帯の動画で録ったものですが、この携帯動画から音だけを取り出す方法がわからずちょっと苦労してしまった。
youtubeのサーバーにアップしてflvファイルに変換し、そのflvファイルからmp3で音を取り出し、mp3をwmaファイルに変換して、それを編集繰り返し再生するようにして動画に貼り付ける。
大した知識もないのによく出来たなと思う反面、なんか無駄なことに頭と時間を使っているような気がしないでもなく、ちょっと反省。

それと、花火とは関係ないのですが、
今回花火を見に行って自分の欠点を感じてしまうことがありました。
それは、見る場所に迷ったとき、私は正面がよかったのですが、他の人は早く落ち着きたく、結局右端の場所で見ることになったのです。
正面も見れる場所はあったのですが、自分の責において他の人を動かすのが面倒臭く妥協という意識を自分が持ってしまったことに、
多人数で行動する欠点というか自分の自我の欠点を感じてしまった次第です。

まあ、そんなことはどうでもいいのですが、
とにかく花火よかったです。

夏の風物詩でもあります、
まだ、いろいろなところで花火大会はありますので
是非この夏、一瞬の輝きに心躍らせてほしいなと思います。


posted by teruterufox at 14:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。