2009年09月03日

夏は終わり

今年の夏は短く、
8月の末には、既に秋の風が吹いていた。

夏は海に行かずに終わってしまい、夏らしくない夏という印象
来年は沢山海で泳ぎたい、潜りたいな。

でも、お盆は岩手の田舎へ行ってきました。

イーハトーブは一つの地名である。
強て、その地点を求むるならばそれは、
大小クラウスたちの耕してゐた、野原や、
少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中、
テパーンタール砂漠の遥かな北東、
イヴン王国の遠い東と考えられる。
実にこれは著者の心象中に、
この様な状景をもって実在した
ドリームランドとしての日本岩手県である。
そこでは、あらゆる事が可能である。
人は一瞬にして氷雪の上に飛躍し
大循環の風を従へて北に旅することもあれば、
赤い花杯の下を行く蟻と語ることもできる。
罪や、かなしみでさへ
そこでは聖くきれいにかがやいてゐる。


以前にも書いたことがある気がするけど、
宮沢賢治の書いた「注文の多い料理店」の広告の文章です。
賢治の故郷岩手県花巻をこのように表現するとは、
宮沢賢治の想像力とセンスのよさに脱帽なのですが、
今の岩手県花巻に上のようなワクワクするようなイメージは無い。
田舎は静かでいいのですが、町に活気のない寂しさもあります、
実は自殺率も秋田に次いで非常に高いんです。
賢治の時代は活気があったのだろうか、
それとも賢治の心の中のドリームランドなのだろうか。

母の話を聞くと昔は活気があったような、
家の近くの今は誰も訪れることがなさそうな神社、
昔はお祭りが盛大に行われ、子供のころそのお祭りが楽しみだったと言っていた。
近くの誰もいない駅前でも、昔は歌手が来て演奏会が行われていた言う。
60年以上前の話。

岩手の田舎で小沢一郎の選挙カーが通り、
この地域は長年小沢一郎の地盤だったことを気が付かせた。
でも、
小沢さん自身はほとんど地元に戻ることはないらしいです。
国会議員は地元との対話がもっと必要なのではないかと思う。
地元の意見を国政に届けるのも仕事なのではないだろうか。

その小沢さんは、政変のたびに裏で暗躍するイメージがあります。
田中角栄時代から裏で動いていた人だし、細川内閣のときもメインでありながら裏方だった、
今回の民主党圧勝の功績も大きいけど、やっぱり裏方が好きだから、入閣はしないのだろうな。

昔から小沢さんの政策というのは見えてこないんですけど、どうもアメリカと同じ様な2大政党制を考えているようだ。
おそらく今回、自民、公明、共産以外の政党と連立を組みにいくと思う。
そんな政局には実力のある人ですが、
政局優先のあまり国民不在の政治を作り上げたのではないかなぁ。
表に出なくてもいいけど、以前の二の舞にならないように、しっかりとした人材を集めてほしいものです。

なんか古い政治家が頑張っているようでは、
みんながワクワクするようなドリームランドに程多いような気がする、
若い政治家もっと頑張って!

民主党マニフェスト
小沢一郎ウェブサイト

ところで、
田舎での私の楽しみは自転車で山奥の夏油温泉へ行くこと。
約25km延々とのぼり坂で疲れますが、山の中を自転車で走るのは気持ちがいいのです。
その夏油温泉は以前より寂れている印象だった。
来年はもっと寂れるのかな。
ここに関しては、それはいいなと思える。

090902-1.jpg
途中で撮影、この谷の奥に夏油温泉があります。

090902-2.jpg

090902-3.jpg

posted by teruterufox at 00:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。