2008年08月29日

銀河鉄道の夜

080829_1.jpg



もし風や光のなかに自分を忘れ世界がじぶんの庭になり、あるひは惚として銀河系全体をひとりのじぶんだと感ずるときはたのしいことではありませんか。

宮沢賢治が兄に書いた手紙より



先日、「猫の事務所」のことを書きましたが、うれしいニュースを発見! 来年、「グスコーブドリの伝記」のアニメ映画が公開されるとのこと、それも、23年前の名作アニメ「銀河鉄道の夜」のスタッフが再集結して、キャラクターも同じ猫のジョバンニがブドリを演じるそうだ!
20数年振りにジョバンニのうるるの瞳にあえるとは! 
ていうか、この間もDVDで銀河鉄道の夜をみたんですけれどもね。

アニメ銀河鉄道の夜は、私の好きなアニメ、名作と言っていいでしょう。
ちょっと暗いけど、音楽、構成、演出、などの完成度がとても高く、宮沢賢治世界の独特な静寂を見事に表現しています。
私は特に柔らかく美しくそして暖かい絵が好き、23年を経ていますがその魅力は全く失っていません。
一度目は退屈かもしれないけれども、
授業のクラッシク音楽が退屈だったのが、何回かじっくりと聞くとその良さが分かる、どんどん深くなってくる、そんな感じの映画なんですよ。

もちろん原作の銀河鉄道の夜が素晴らしいのは言うまでもありませんよね。
私は、星の王子様みたいに世界に知られてもおかしくないのになと思ったものです。

本当に美しい文章の中にとても大切なことが含まれている、そして不思議な物語。
読んだ時80年以上前の岩手の片田舎で書いた宮沢賢治のセンスに、ただただ感心してしまいました。

だいたい、「銀河」と「鉄道」を合わせた、「銀河鉄道」だけでも、素晴らしい感覚なのに、更に「夜」までつけてしまったのには驚嘆します。
題名だけで美しく不思議な世界を表現している、
このセンスやっぱ凄いですよね!

この「銀河鉄道の夜」を朗読したものを聞いたことがあるのですが、
それも素晴らしく、改めてこの本が詩のような美しい言葉で綴られているんだなと感じました。
私のおばあちゃんは東北弁で何を言っているのか全然わからなかったので、おまえは本当に岩手県人か?と疑いたくなるぐらいこの本の文章は美しいのです。

youtubeで聞けますので、興味のある人は聞いてみて下さい。

桑島法子さんの朗読「銀河鉄道の夜」
  1/8
  2/8
  3/8
  4/8
  5/8
  6/8
  7/8
  8/8

声優の桑島法子さんの朗読のうまさにも脱帽です。
詩的な文章だからか、
読むよりも言葉として発せられたほうが、ずうっと心に響く気がします。


物語には、天気輪の柱や三角標などの不思議な言葉が出てくるのですが、それは賢治の造語で誰も見たことがない、読む人がそれをイメージするしかありません。それぞれの人がそれぞれのイメージを持ってます、それゆえ映像化するのは難しいといわれています。

数々の不思議な言葉の中で、石炭袋という宇宙の黒い孔が出て来きます。明らかにブラックホールを思わせ私はそれをイメージしたのですが、ブラックホールが発見されたのは賢治が亡くなったずーと後、戦後のことなんです。
それを考えるとセンスがいいとゆう以上になんか不思議な感じがしませんか。

そういえば、グスコーブドリの伝記も二酸化炭素(CO2)が地球を温暖化させる話しで、大正時代そのことを童話にしている人がいたというのもまた不思議な気がします。
そんな古さを感じさせない不思議な魅力が宮沢賢治の作品にはあるようです。


銀河鉄道の話を書くと長くなるのでまとめ。

この本は何を書いているのかというと、
宮沢賢治の幸福論を物語にしたのではないだろうか、


「けれどもほんとうのさいわいは一体何だろう。」
ジョバンニが云いました。

「僕わからない。」
カムパネルラがぼんやり云いました。


本当の幸福を「わからない」と言った、宮沢賢治。

でも、

さそりのように・・・
よだかのように・・・・
全てを超えた先に光っているのかもしれないと。


そう書いてあるような気がします。



星めぐりの歌  作詞作曲宮沢賢治
posted by teruterufox at 18:54| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

猫の事務所

080821_1bs.jpg

先週、岩手県花巻の宮沢賢治記念館へいってきました。
入り口に猫の事務所の人形があってね、それがとてもうれしかった。

猫の事務所のお話を読んだときに感銘を受けました。
とても短いお話ですが、
とても大切なことを教えてくれている物語なんですよ。
社内でのいじめを題材にしていて、学問や仕事が何のために与えられるのかを問う作品になっています。

あらすじは、
猫の第六事務所は猫の歴史と地理をしらべる所、そこには黒猫の事務長、書記の白猫、虎猫、三毛猫、そして、窯猫(かまねこ)がいました。窯猫はなにかにつけていじめられます。ついには窯猫をかばっていた事務長の黒猫にも誤解されて仕事まで取上げられてしまう。その様子を見たライオンによって事務所の解散が命じられるというお話。

こちらで全文が読めます。
猫の事務所
http://why.kenji.ne.jp/douwa/20nekono.html


窯猫が
「鳴ったりするのをじっとこらえてうつむいて居りました。」
というくだりでは私も泣きたくなってしまいまいました。

最後に出てきたライオンは所長だと思いますが、実は神の化身なのかもしれない、それもかなり厳しい神です。
有無をいわざず解散というのはちょっと強烈、
賢治自身も「ぼくは半分獅子に同感です。」と書いてあるから、ちょっと厳しすぎると思ったのかもしれません。
でも、ライオンはそのくらい大切なことなんだよと教えたかったのだと思います。

意味の分からない人は原文を読んでみてください。
短いので10分で読めます。


最近は会社での人間関係悩んでいいる人がおおいので、
私が会社を作るとしたら、
社則の第一に 「社内の人間関係で悩まない」と記したいと思います。
そして、入社時に猫の事務所を読ませるようにしよう。
posted by teruterufox at 13:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

素潜り

友人と江ノ島の裏磯へスキンダイビング(素潜り)をしに行ってきました。
江ノ島の海岸の海はきたないですが、裏磯はまあまあそれなりにきれい、
波もなくとても泳ぎやすかったです、

近くで潜っていた人がおおきなサザエをみつけました。
直径15cm以上はありそうな、私が過去にみたことがないような大きなサザエ、
江ノ島にもいるんだなと驚き、もちろん取ってはダメですよ。

磯では家族連れやバーベキューをやる人がいて、
みんな休日をたのしんでいるようでした。
なんか、みんなが平和にのんびりしているのはいいですね、

私も平和の一員として、
みんなでバーベキューでもやりながら泳ぎにきたいなと思います。
海で魚を取って焼いて食べるのは楽しくって美味しいだろうな。

ところで、
泳ぎやすい海なのですが、
ただ、クラゲが沢山いました。
クラゲをよけつつ泳いでも、足や手にチクとささり、
泳ぐ気がなくなります。

まだまだこれから海に行く人は多いと思いますが、
クラゲ予防にTシャツやラッシュガードを着て泳ぐことを勧めます。
特に女性は紫外線避けにもなるので海で泳ぐ場合ラッシュガードは必要です。

080812_3bs.jpg

080812_2bs.jpg

080812_6bs.jpg


posted by teruterufox at 15:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

古河花火大会

先週末、友人達となんにも仙人の地元古河で花火大会を見てきました。
花火いいですね〜。

東京の花火大会は人がいっぱいで、遠くからしか見れないのですが、古河ですと、かなり近くでそれも寝ころがって見ることが出来ます。それでいて、打ち上げ数は15000発だから、規模は大きんですよ。
電車賃はかかりますが、花火をみるには穴場といえるかもしれません。

一瞬の壮大な輝きと爆音のあと、消え行く花火と静寂に包まれるに空間に、心の情熱が頂点に達した後のような、夏の一番暑い日を通り越したような、もの悲しさを感じます。

花火は近くで見ると凄いです。
視界全てが花火に覆われるのですから、その迫力には圧倒されます。
その中でもこの写真の花火は凄かった。
080803_4bs.jpg
三尺玉なのでしょう、夜空の視界一ぱいが華やかな輝きに満ちていた。

他に100枚ほど撮影した写真をスライドムービーにしました。
2008年8月2日古河花火大会スライドムービー

ちなみに、花火の音は携帯の動画で録ったものですが、この携帯動画から音だけを取り出す方法がわからずちょっと苦労してしまった。
youtubeのサーバーにアップしてflvファイルに変換し、そのflvファイルからmp3で音を取り出し、mp3をwmaファイルに変換して、それを編集繰り返し再生するようにして動画に貼り付ける。
大した知識もないのによく出来たなと思う反面、なんか無駄なことに頭と時間を使っているような気がしないでもなく、ちょっと反省。

それと、花火とは関係ないのですが、
今回花火を見に行って自分の欠点を感じてしまうことがありました。
それは、見る場所に迷ったとき、私は正面がよかったのですが、他の人は早く落ち着きたく、結局右端の場所で見ることになったのです。
正面も見れる場所はあったのですが、自分の責において他の人を動かすのが面倒臭く妥協という意識を自分が持ってしまったことに、
多人数で行動する欠点というか自分の自我の欠点を感じてしまった次第です。

まあ、そんなことはどうでもいいのですが、
とにかく花火よかったです。

夏の風物詩でもあります、
まだ、いろいろなところで花火大会はありますので
是非この夏、一瞬の輝きに心躍らせてほしいなと思います。
posted by teruterufox at 14:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。