2008年06月19日

東京散歩豊川稲荷

人は、群れて暮らしている。
群れてもなお互いに暮らしてゆけるように、道徳ができ、法律ができた。人間ほど可憐ないきものはない。道徳に支配され、法律に支配され、それでもなお支配され足らぬのか神仏まで作ってひれ伏しつつ暮らしている。


国盗り物語り
司馬遼太郎
**********


今日は近くによったので豊川稲荷を散策してきました。

稲荷というだけに狐の像が沢山あるけれども神社ではないようです。
神道と仏教が混ざった感じなのか、狭い敷地内に沢山のお宮とともに狐と観音像と七福神の像が混在していて占いの店もあった、なんとなくまとまりがないというか、なんでもありのてんこ盛りの雰囲気です。
本殿では、ご祈祷の際にお坊さんが出てきて、お経の本をばさばさと広げる派手なパフォーマンスでお経を読んでいました。

この敷地内の神様のなかで特に際立っていた神様が、

財宝を融通する神様 融通稲荷尊天

お金を融通してくれるなんて、なんてありがたい神様なんでしょう。
ちゃんと財宝を融通する神様と書いてあるのが、またすごい、自信があるのかもしれない。
私もご利益にあやかりたいものだと思ったのに・・・
写真を撮っていて拝むの忘れてきてしまいました。
やっぱり私はお金には縁がないのかもしれませんね。

その横には
財と知恵と音楽の神様 弁財尊天
と書いてあります。
お金が増えるという銭洗い池もちゃんとありました。

この豊川稲荷ちょっと調べてみたら、やはり神社ではなく曹洞宗の寺院でした。総本山は愛知県の豊川稲荷で正式名は妙厳寺。
神道の稲荷とはちがい豊川稲荷の「稲荷」は狐にまたがった仏教の神 荼吉尼天(だきにてん)のことだそうです。
また、荼枳尼天はもともとインドの神様で性や愛欲を司る神だそうです。
夜の街赤坂になんとなくあっていなくもない。

俗ぽいけど、欲をみたしてくれるというのはありがたい神様ですね。

行かれる方は油揚げを持ていくといいかもしれませんよ。


080619_1.jpg
本殿です。

080619_2.jpg
堤燈に森光子やジャニーズなどの芸能人の名前がかいてあります。

080619_3.jpg
稲荷像です。

080619_4.jpg
財宝を融通する神様 融通稲荷尊天

080619_5.jpg
その横には・・・
財と知恵と音楽の神様 弁財尊天

080619_6.jpg
縁切りの神様もいます。
その他、水子や交通安全お百度参りの碑などもりだくさん。

080619_7.jpg
鳥居と千本のぼり

080619_8.jpg
ちょっと安易なような気が・・・・

080619_9.jpg
七福神です。寺の隅の方にいました。

080619_10.jpg
狐のコレクションか?

080619_11.jpg
境内に占いの館があるのはめずらしい。
いいのかな?

080619_12.jpg
観音様もちゃんといました。


posted by teruterufox at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。