2008年01月31日

セックスと青春
天国の口 終わりの楽園

今日はお勧め映画を一本。

先日、天国の口 終わりの楽園 という映画を借りて見ましたが、これが驚き!
冒頭からいきなりぼかし付きのセックスシーンから始まるし、主人公の高校生の二人はセックスのことしか頭になく、最初から最後までセックスの話ばっか、最後には3Pから同姓愛までに発展するという、簡単に書くと高校生と人妻との乱交ロードムービーなんです。
こんなエロい映画初めて見ました。

借りたきっかけはモーターサイクルダイアリーズのガエル・ガルシア・ベルナルが主演していて、結構良い作品だと聞いていたから、物語の内容は知らなかった。
DVDのパッケージにも、メキシコ映画の青春ロードムービー、少年達の最後の旅というような簡単なあらすじと、いろいろな賞を取っている秀作というふうに紹介されています、が、エロいなんて一言も書いていない。
ガエル・ガルシア・ベルナルは女性ファンも多いし、なにも知らないで借りた人は、驚たんじゃないだろうか。

しかし、これがかなりいい映画なんです。
確かにエロい映画なのですが、優れた脚本と映像のせいで、ただのエロい映画にはなっていません。
リアルに若者の性へのこだわりを、真っ向から直視する作品を初めて見たし、性を通して生を考える脚本、メキシコの社会背景を主人公のバカ騒ぎとは対象的に映し出すカメラとナレーション。
内容的には極端なんですけれども、セックスとは?と考えさせる映画にもなっていますし、それよりも、生と死、青春の陽と陰、社会の光と影、みたいなものの対比がテーマになっています。
前半のバカ騒ぎとは対照的に、最後はかなりしんみりとしてしまった。

セックスを扱っているので、好き嫌いに別れるとは思いますが、私的にはお勧め映画です。
但し、一人でじっくり味わいながら見たほうがいい映画です。
お勧めですが、間違っても家族と見てはいけませんよ。


080131.jpg
天国の口 終わりの楽園
http://www.gaga.ne.jp/tengoku/


余談
●この映画の日本語題名は、天国の口 終わりの楽園 なのですが、原題はスペイン語で"Y tu mama tambien"日本語に訳すと「お前のママとも…」となります、映画の後半の暴露大会みたいな場面で、この言葉が出ます。(スペイン語のわかる人ならわかると思います)お前のママともセックスをしたという意味なんですが、その言葉が映画の題名になっているのには驚いた。 
この題名ならエロい映画てわかったのに、天国の口 終わりの楽園 じゃわかりませんよ。

●モーターサイクルダイアリーズでチェゲバラ役をやったガエル・ガルシア・ベルナル、メキシコ出身の若手俳優で女性ファンも多いのですが、この映画はまさに体当たりの演技。
プールサイドでのオナニーシーンにはまいった。
監督もよくやらせたし、やるベルナルも凄い、
ぼかしがなかったらベルナルのあそこが見えたのかな?

●この映画の監督と脚本をしたメキシコ人のアルフォンソ・キュアロン監督が次に撮ったのがハリー・ポッターとアズカバンの囚人、この映画が認められたのかもしれない。
見ていないけれども、前2作と違う大人の鑑賞に堪える雰囲気で、シリーズ中一番いい映画になったそうです。
制作側は引き続きアルフォンソ・キュアロン監督にハリーポッターを撮ってもらいたかったらしいが、アルフォンソ・キュアロン監督は断わり、その後に撮った映画トゥモロー・ワールドは名作という話しです。今度見てみます。

映画研究熟 トゥモロー・ワールド
posted by teruterufox at 20:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

D51 SL南房総

先週末の3日間勝浦から館山まで蒸気機関車が走るという話を聞き、
無性に見たくなって行って来ました。
バイクで行ったのですが、着くまでに凍え死んでしまうのではないかと思うくらいむちゃくちゃ寒くて参ったけど、しかし、SLを見たらその辛さも吹き飛びます。

SLはやはりいいですね。あの汽笛の音と煙、
なんというのかな、やっぱ凄い。
鉄道マニアではないですが、
見るからに力強そうな黒光りしたマシンの塊、機関車は男の憧れかもしれない。

バイクだったので、SLと館山まで並走し何枚か写真と動画を撮りましたので載せますね。













D51 SL南房総
2008年1月26日撮影














080129_1.jpg

080129_2.jpg

080129_3.jpg

080129_4.jpg

080129_5.jpg

080129_6.jpg

080129_7.jpg

080129_8.jpg

080129_9.jpg

080129_10.jpg
posted by teruterufox at 12:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

胡同の理髪師

先日、2月から岩波ホールで公開される
胡同(フートン)の理髪師 という中国の映画を試写会で見てきました。

岩波ホールで公開される映画は質が高いことで知られていますが、
この映画もかなり上質、そしてとても味わい深く確実に心に染入る映画となっています。

まだ公開前なので詳しいストーリーは書きませんが、ちょっとだけ書くと、
胡同で生活をしている理髪師のチンおじさんの毎日の生活を淡々と追った作品。
毎日規則正しい生活をしているチンおじさん、しかし友人やお客さんも高齢で、一人また一人と亡くなっていく・・。
そこで、チンおじさんも死への準備をしはじめます・・・。

そこには、経済の発展による時代の移り変わりや、老人の哀歌、消え行く人と場所へのまなざし、などがとてもうまく表現されていて、
このテーマとして"完璧"な、脚本、演出。演技になっています。
日常の風景なのに一場面一場面見入ってしまう映像を撮れるなんて、この監督凄なと思う。
主人公チンお爺さんを演じているのは、本物の93歳になる理髪師だという話。その他の出演者も素人を使っているらしい。

私は中国へ行ったことがないのですが、
映画の舞台は中国の北京市内にある胡同といわれる、今でも昔ながらの生活が残っている地区。
現在中国は北京オリンピックを控え経済発展と開発が進んでいます。映画の中ではそのオリンピック開催に沸く中国をテレビに映し出して,
胡同とは別世界の出来事のように見せていました。
はまるで三丁目の夕日の世界と現代が混在しているかのようです。
しかし、寂しいですが経済発展においては、どうしても通らなければならない道なのでしょう。胡同の町にも開発の波は押し寄せ、家々は取り壊させることになっています。

以前中国人の友人から、中国旅行に行かないかと言われた、
なんと、3日間ぐらいの格安ツアーだと、今なら17000円ぐらいからあります。
私が岩手の田舎へ行くよりも安いのには驚き。
今度行ってみようかな。

映画は淡々としていますが1つだけ終始ハラハラドキドキすることがありました、
それは、主人公のチンおじさんいつ死んでもおかしくないような高齢で・・・
その辺の観客の心理も監督は熟知していて、
ついに逝ってしまったかと思わせる場面を入れるところなんか、なかなかやるね監督と言いたくなってしまった。


とにかくよい映画です。
2月8日岩波ホールにて公開されます。
posted by teruterufox at 18:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

鹿男あおによし

風邪なおりました、
治るとより強くなるし、しみじみと生を感じるときでもありますから、一年に一回は風邪を引くのはいいことです。
気にしていただいた方、ありがとうございます。

昨日 鹿男あおによし というドラマを見ました。
今年鹿島神宮に行ったのですが、それに関連したお話でちょっと興味深かったです。

鹿島出身の主人公が奈良に行き、鹿から日本を救うための指令を受けるという物語だそうだ。
第一話は、日本大地震の兆候となまず、そして鹿が出てきた。
鹿島神宮には要石というのが祀られていますが、それは神様がなまずの頭を押さえて大地震を防いでいるという言い伝えがありますので、おそらく原作者は要石からこの奇想天外な物語を考えだしたんじゃないかなと思います。

でも、ドラマの舞台は茨城の鹿島神宮ではなく、奈良の春日大社です。
何故春日大社かというと、
奈良の春日大社は茨城の鹿島神宮に祭られているタケミカズチミコトの神を分霊して祭られているからです。
鹿島神宮と春日大社は同じ神様が祀られているんですね。
そのタケミカズチは鹿島から奈良へ白い鹿に乗って現れたと伝承されているので、奈良では鹿は神の使途として大切にされています。
ドラマではその鹿が主人公にいろいろな指令を出すという設定になっています。
コメディですから、はちゃめちゃになると思うけども、面白そう。


ちょこっと春日大社と鹿の歴史
奈良の春日大社が創建されたのは768年、藤原氏が建てました。
第一殿に鹿島神宮から迎えられた武甕槌命(タケミカヅチのミコト)、第二殿に千葉県の香取神宮から迎えられた経津主命(フツヌシのミコト)、第三殿 天児屋根命(アメノコヤネのミコト)と第四殿 比売神(ヒメガミ)は大阪府枚岡(ひらおか)神社から、それぞれ春日大社の地に迎えて祀られています。

鹿島神宮と香取神宮は、藤原氏の出身が茨城の鹿島付近だったので、藤原氏の氏神様として分霊されたのでしょう。
その際に白い鹿の背に分霊を乗せ多くの鹿を引き連れて1年かけて奈良まで行ったとされているそうです。
ということは、奈良の鹿の祖先は鹿島だったんですね。
その鹿島神宮にも鹿がいて、そこでも鹿は神の使いとして大切にされています。
鹿島神宮の鹿園の説明書きによると、鹿の神である天迦久神(アメノカクノカミ)が天照大御神(アマテラスオオミカミ)の命令を武甕槌命(タケミカズチノミコト)の所へ伝えにきたことに由来しているそうです。

ちなみに、鹿島神宮の創建は紀元前660年とされていますので、今から2668年まえ、奈良春日大社創建の1428年も前、伊勢神宮よりも600年も前ということになります。
でもこれはありえないでしょう。
飛鳥時代以前の日本の歴史は史実をもとにした創作だと思っていい。
日本でもっとも古い歴史書として奈良時代に書かれた日本書紀や古事記の日本の歴史はかなり創作の方が多いでしょう。
もちろん神話も創作です、
ただモデルはあったんじゃないかなと思いたいですね。
神話は物語としてみると楽しめます。


鹿島神宮の鹿は奈良と違い柵の中にいました、小鹿かわいい!のんびりひたたぼっこしてた。
現在の鹿は春日大社の鹿の子孫を再び受け継いだものだそうです。
めぐりめぐって、繋がっているんですね。


080118_1.jpg
要石の入り口にいたなまず

080118_2.jpg
鹿島神宮の鹿の日向ぼっこ

080118_3.jpg
笑っています。
posted by teruterufox at 20:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

風邪

週末から体の調子がよくない、
昨日はズート寝ていたけれども、今朝も同じような状態だ、
寒気がする、ついに風邪を引いたようです・・・・
去年は引かなかったから、のこ部屋に来てから初めて寝込んだことになる。
そう考えるとなんかこの部屋は寂しい。

しかし、とにかく寝ることに
風邪の時は、汗をかいて熱をだせばいいと思っているので、
水分を取り、暖房をつけ部屋を暖めて、布団を沢山掛けて、部屋を暗くして、じっとして寝ることにします。
と、とりあえず、こんな感じでいつも風邪はやり過ごしていたけれども・・・
治るといいな。

病気になると一人というのが、しみじみ感じますね、
自宅なら誰かしらいて、なんとなく安心ですが、
一人だと、このまま死んでもだれも気がつかないわけで・・・・
ということはないと思いますが、
やはり、一人だとやはり寂しいものがあります。

寝込むと思い出すのが、
初めてマラリヤに掛かったときのこと、
あの時も一人で寂しかったな・・・

その場所はナイジェリアのカノという町で、サハラ砂漠をこえて、緑豊かなブラックアフリカに入った直後でした、
激しい悪寒と高熱で頭はもうろうとなり、水すらも受け付けず飲んだら吐くような状態、
体温も40度を越えて下がらないときは、ここで死ぬのかなと思ったりしてね、
そのときはマラリヤに対する知識もまだ乏しく、マラリヤに掛かったら死ぬこともある、という言葉が頭の中を覆っていた。

好きなことをやってこれたのだから死んでも仕方がないか、念願のサハラにもこれたしアフリカで死ぬのは本望かもしれない、でも出来れば日本に帰りたいな、もし病気が治ったら日本に帰ろう! しかし、(バイクで来たので)どうやって日本に帰ったらいいのかわかならい・・・というか、ここで死んでも日本まで連絡は行かないんじゃないかな・・・楽しい人生だったな・・・・・・。
誰も知っている人のいない国の暗い部屋で一人高熱にうなされていた
その時に思い出していたのが、小さいころ風邪を引いたときに母親に看病そしてもらっていたことだったです。

しかし、世の中には親切な人がいて、現地の人が私を病院へ連れて行ってくれた、
そして、また一度も言葉を交わしたことのないスイス人の旅行者が心配して病院に来てくれたりして、
そのスイス人の親切には感動してしまった。
病院に連れて行ってくれた現地の黒人も思い出させる。
世の中には本当にいい人が一杯いますね。

そしてその後この町でアフリカに渡ってから初めて日本人旅行者に会った。
それが、リヤカーで旅をしている永瀬さん。
彼は面白い人なのでまたの機会に書きましょう。

病気というのは気力を失わせることはたしかです、あのときも日本に帰りたいと思ったのですが、病気が治ったら、さらにアフリカ深部にいきたいという気持ちがわいてきた、ちゃっかりしたものです。
しかし、あの時はまだ童貞だったのに、好きなことをやったのだから死んでもいいと思ったのは純粋だったんだなと思う。
最近はやることをやっていない、まだ死にたくないになっているからね。


母親に看病してもらった記憶というのは今でも思い出しますね。
家族っていいね。
病気になると特にそう思う。

さて、また一汗かきながら寝るかな。

posted by teruterufox at 19:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

明けましておめでとうございます。

遅ればせながら、

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。


年末は、飲み会とか続いたけど、
大晦日は横浜の家に帰り、元旦0時母と、歩いて5分ぐらいのところにある、お寺と神社に初詣にいきました。
小さな時から行っていたお寺ですから、
今年も母と一緒に行けたのはよかった。

このお寺は除夜の鐘がつけるのですよ、
そして鐘をつくとお守りがタダでもらえる。
その鐘を突くのが小さいころから楽しみだったんだ、
その鐘を今でも同じように突けるのはありがたいことです。

私が小学生のころは結構人がいたけど
20歳ぐらいの時は、
お寺にも来る人がすくなくなり、すぐに鐘が突けた年もあったりして少子化を感じさせたりもしたのですが、
今年は結構人がいて30分ぐらい並びました。
最近、団地の建てやが増え子供も増えたみたい。
寒いけど、活気が出てきたのは良いことです。

神社も誰もいない年もあり本当に寂しかったけど、
今年は、お願いをするのに10分ぐらい並んだ。
小さな小さな神社ですからね、画期的なことです。

この神社では御前リをすると、みかんと甘酒をくれます。
近くに住んでいる親戚の叔母さんが行った神社では、
食事も出るそうだ。
地元の神社ならではのサービスがいいですね。


3日の日に 鹿島神宮へも行ってきました。
こちらは古い歴史のある大きな神社、
2600年前とも言われているから、かなり古い、
実際に、鹿島の森の木々はその歴史を感じさせます。

特に御手洗池にある大木は凄い!
太い幹が御手洗池に向かって真横に伸びていて、池の真ん中から添え木で支えられています。

鹿島神宮で見てみたかったのが要石
要石は地震を抑えているともいわれています。
以前分杭峠の記事で書きましたが、
伊勢神宮、諏訪大社、同様に鹿島神宮も中央構造線断層の上にある神社、
断層地震要石という連想でちょっと見てみたかった。
でも、実際には小さな石がちょこっと出ているだけだけで、断層とは関係なさそうです。

高尾山にも行きました。
あそこは神社ではなくお寺なんですね、
よく見ると異様な雰囲気
天狗がいました。
そして、山伏みたいな人がほら貝吹いていた。

雲ひとつない晴天で、高尾山山頂から富士山がよく見えるはずだったのですが、
残念ながら逆光だったので、うっすらとしかみえずちょっと残念。
夕方だったので富士山のすこし上に太陽がありました。
冬至のころはちょうど富士山の真上に太陽が沈みダイヤモンド富士と呼ばれているそうです。

高尾山は笹塚から350円で気軽に行ける山ですので、今度は午前に行き白い富士山を見ようと思います。



おみくじ
地元では大吉だったけども、
高尾山では凶が出ました。

今年はどんな年になるかな?
posted by teruterufox at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。