2007年08月28日

笹塚の満月

先ほど夜道を歩いていたら、
綺麗な満月が見えた、
凄く明るい、まるで街灯の様
なぜ月は蛍光灯のように白く明るいのだろうか?

道の真ん中に満月があり、その
満月を見ながらズーと歩いていると

なんか不思議な感じ、

建物等の風景は動くのだけれども、
月だけが動かない。

月だけはじーっと私を見守っている。
堂々としていて、
暖かく見守ってくれている。

そんな不思議な気分。


もちろん月は私だけでなく、
地球全体を見守っているんだ、
毎日地球を回りながらね。


その月を、先ほど屋上から写真に撮りました。
上の写真がそうです。
これが8月28日午前1時ごろ笹塚の町から見えた月です。

意外にきれいに撮れるものですね。
画面に収まるように切り取りはしましたが、
デジカメの望遠機能だけで、ソフトでは加工も拡大もしていません。

よく見ると月には模様があるのもわかる。

兎の形は見えますか?







posted by teruterufox at 03:24| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

ハゲタカ



富なんてものは問題にもならない
恋だって、考えただけで吹き出したくなる。
なるほど、名誉欲か? 
そういえば、昔夢見たこともあったが、
日が射すと忽ち消える朝霧みたいなものだった。

もし私が祈るとすれば、自然に
口をついて出る祈りはたった一つの祈りだ。
「今の私の心をこのままそっとしておいておくれ、
そして、ただ自由を私に与えてくれ」という祈りだ。

嘘ではない。
光陰矢の如しで、どうやら私の
終わりも近い、そこで私が求めるものは、ただ、

何ものにも囚われない一人の人間として、
勇気をもって、
生に堪え、死に堪えてゆく、ということだけだ。


「嵐が丘」を書いた
エミリ・ブロンテ の詩。
訳 平井正穂

上記詩「富は問題にならぬ」の歌です。
再生ボタンで再生

















世の中は金だ!金が悲劇を生む。

私は、今までテレビがなかったので、テレビを全く見なかった、でも最近パソコンでテレビを見れるようにしました。
普通のパソコンモニターですが、画質は悪くなく
場所はとらないし、録画がやDVDへのコピーが簡単にできるのでなかなか便利です。

それで、今週知り合いの人からNHKドラマの「ハゲタカ」の再放送を録画してくれないかと頼まれました。
2月に本放送をした時の視聴率が平均7%という民放では即打ち切りのようなありえない視聴率をたたきだしたにもかかわらず、そのドラマの完成度の高さゆえ、数々の賞をそうなめにした伝説のドラマだそうです。

私も録画ついでに見てみると、これが噂どうりかなり面白くはまってしまった。
ビジネスドラマというのかな経済ドラマというのかな、
バブル崩壊後、1993年から2007年位の経済状況を扱っていて、倒産、不良債権、貸し渋り 企業買収M&A さらに、TOB ホワイトナイト などなど
最近の証券業界の話など出てきて面白い。 

「ビジネスの世界のみをドキュメンタリータッチで描くよう努めた」
というだけあって、現代社会の現実の出来事を垣間見ることが出来、また、人間ドラマとしてもかなり質の高い骨太で重厚な内容、演出となっているのでかなりお勧めです。

以前エンロンという、実在したアメリカの巨大企業の崩壊を描いたドキュメンタリー映画をみたのですが、感想は「はぁ?」本当にアホな会社経営に愕然としたものです。
実はこのドラマも最初見たときは漫画みたいなありえない物語だなと思った、でもエンロンの例あますからね、このような茶番がビジネスの世界では現実に行われていたのかもしれないです。

この時代多くの人が仕事とはいったい何かという本質を見失ってしまっていたのでしょう。
それは昔の話ではなく今の時代でもあります。

今日晩最終回をやります。
「ドラマなんて」「NHKなんて」って人にもぜひ見てみてほしいです。


最初に書いた詩は、このドラマ主題歌の翻訳です。
「嵐が丘」を書いた、エミリ・ブロンテ の
「Riches I hold in light esteem」
という詩に曲をつけたドラマのオリジナル主題歌
とても印象的な歌でしたので日本語歌詞をのせてみました。



録画を頼んだ知り合いの人は銀座で飲み屋をやっているママさんで常連客は企業の重役が多い、
仕事柄話題に乗り遅れないために見たいということですが、
以前、会社が変わったり転勤がふえてお客さんが減たと言っていた彼女にとっては、かなり切実な物語でしょう。



NHKハゲタカ
http://www.nhk.or.jp/hagetaka/


企業買収ドラマ 異例の反響−NHK土曜「ハゲタカ」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20070307et03.htm


今日のヤフートピックスにドラマの内容を地で行くことが書いてありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000032-mai-bus_all


ドラマ「ハゲタカ」の予告編です。
ドラマの内容が少しわかります。



posted by teruterufox at 10:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

イーハトーブ

イーハトーブは一つの地名である。
強て、その地点を求むるならばそれは、
大小クラウスたちの耕してゐた、野原や、
少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中、
テパーンタール砂漠の遥かな北東、
イヴン王国の遠い東と考えられる。
実にこれは著者の心象中に、
この様な状景をもって実在した
ドリームランドとしての日本岩手県である。
そこでは、あらゆる事が可能である。
人は一瞬にして氷雪の上に飛躍し
大循環の風を従へて北に旅することもあれば、
赤い花杯の下を行く蟻と語ることもできる。
罪や、かなしみでさへ
そこでは聖くきれいにかがやいてゐる。


(「注文の多い料理店」発刊当時のちらしより)


岩手の田舎へ行って来ました。
今回はいつになく充実してた。
それは、バスで行ったため田舎での足(車またはバイク)がなく、
久しぶりに自分の足で歩き回り、北上線のお世話り、
そして、自転車、23年前に買った折りたたみ自転車を
20年振りに組み立てて乗ったからです。

車は便利だけれども、充実感は自分の足で歩くのにはかないません。
視点も違う、
それを、今回は久しぶりに実感しました。

家から25kmほど人里離れた山奥にある夏油温泉に自転車で行ったのですが、
そこまで延々と登り道、かなりきつかったけれども、到着したときのなんとも言えない充実感、爽快感に
年甲斐もなく青春だなと思ったり。
お客のいない北上線に情緒を感じ、また、何もない駅に降り立ったときにも情緒を感じ、
そして、トンネルの真っ暗な暗闇の中を進む列車に、銀河鉄道に乗っているような不思議な感覚がしたりして。

20年前から成長していない青臭い自分に気がついてしまった。

となると行きたいのが花巻にある宮沢賢治の記念館、家から20kmぐらいの所にあります。
今回は時間がなく行けませんでしたが、来年は是非花巻周辺を自転車で旅してみたいなと今からワクワクしています。

お土産もの屋さんによったら、
すごーくかわいい宮沢賢治のクッキーが売っていた
箱の包装紙もかわいいし、クッキーの包装も可愛い、
そして、その可愛い袋を開けると綺麗な青空色の帽子をかぶっている賢治さんが出てきます。
ほのぼの賢治にほのぼのしておもわず買ってしまいました。

070818-1.jpg

クッキーの包装紙写真です


どんと晴れ。
posted by teruterufox at 23:09| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

田舎へ行きます。

今晩から18日まで
田舎へいって笹塚には居ませんです。
posted by teruterufox at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

ペルセウス座流星群

昨日の夜は流れ星を見ましたよ。

今年は新月と重なっていてペルセウス座流星群がとてもよい条件で見れるということで、
ひょっとしたら見れるかなと思い、昨晩屋上に寝ながら夜空を眺めてみました。

珍しく雲一つ無い夜空、月の無い新月ということで、ここ笹塚でも星が見えました。
星の数を数えると20個、サハラの星の数に比べるとはるかに少ないけれども、渋谷、新宿まで歩いていける距離にあるここ笹塚では、星自体見ることは難しいので、とてもよく見えた方だと言えます。

流れ星も3個見ることができました。
東京で見た初めての流れ星です。

流れている間に願い事を言うと願いが叶うというので、前もって願い事を準備していたのですが、流れ星は一瞬で あ! というのが精一杯、流れている間に願い事を言うのは不可能のようですね。

でも、星を眺めているとなんか落ち着きます。

ペルセウス座流星群は、今日の12日と13日が一番活発だそうですので、
お時間と心に余裕のある人は、
今夜、夜空を見上げ 流れ星を見て、無限の宇宙の広さに思いを馳せてはいかがでしょうか。


昨晩は ゴザと枕を用意して星空の下寝ました。


070812-1.jpg

テンポラリープライベートルームです。

070812-2.jpg


下記リンクにペルセウス座流星群について書いてあります。
AstroArts
http://www.astroarts.co.jp/special/perseids2007/index-j.shtml
posted by teruterufox at 08:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

ヤモリが来た。 

今日、友人が来ていて
窓のヤモリがいる!
と教えてくれた。

え! と思ってみて見ると、
小さなヤモリが網戸に張り付いています。

東京で初めて見たヤモリ
しかも見たのは何十年ぶりかもしれない。
ちょっと、感動。

あまりの珍しさに
捕まえて写真を撮ってしまった。

070806-1.jpg

手に乗せると本当に小さくてかわいい。
生まれたてのようで、ぷよぷよしていて、
手の上をちょこちょこと歩くのも
なんか気持ちがよくて不思議な感覚。

おもわず、飼いたくなってしまった
けど、自由を奪うのはかわいそうだからね、
窓際にもどしておきました。

しかし、この都会でよく生きていたな、
しかも、ここはビルの3階です。
さらに、周辺に土の見えるところはない。
近くにある公園も100m位離れ居ている
よくそんなところで生きているものです。
何をエサにしてどこで住んでいるんだろうか?
そしてなんでこの部屋の窓に張り付いていたのだろうか?

友人がヤモリは家を守ってくれるんだよ。
と教えてくれました。

ウィキペディアによると、
ヤモリは漢字で「守宮」または「家守」と書き、
家守と漢字で書くことから「家の守り神」とも言われるそうです。

家守がいるというのはいいことなんですね
家守を見ただけで気分がよくなってしまったよ。

ただ・・・
写真を撮ったときにフラッシュを使ってしまい、
それから家守がこちらを向いてくれなくなってしまったのです。
この家から離れてしまうかな・・・・


家守さん家を守ってくれてありがとうございます。

ごめんなさい。
こんどはおどかしたりしませんので、

また来て下さいね。

070806-2.jpg

070806-3.jpg
posted by teruterufox at 00:40| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

発芽玄米

070805-1.jpg

上の写真はなんだか分かりますか?

これは、私が手塩に掛けて育てた

お米です。

玄米を発芽させたものなんですよ。
普通の玄米より栄養があると聞いたから、ちょっと作ってみました。

作り方は簡単で、玄米を水に入れておくだけ。
その間に醗酵してくるのでこまめに水を交換します。
(厳密には30度ぐらいの水にしておくそうです。)

2〜3日で発芽するはずなのですが、なかなか発芽しなくて、
3週間ぐらい水につけ育ててみると、半分ぐらいは芽が伸びてきました。
もっとモヤシみたいに育てようとと思ったけど、
かなり臭い匂いがしてきました。
麹の臭い、まるでこのままお酒になってしまうのではないかというぐらいかなり臭いにおいです。

ひょっとしたら腐っているのかも・・・・
もう限界かなと思い、昨日炊いて食べてみたのです。

味は、おいしくなかったけども
十分食べられるし、体にはよさそう。
なんせ発芽した米ですからね、見た目にもとても体にはよさそうです。

味は慣れだと思いますので、これからはちょくちょく食べてみようかなと、今次のお米を育てています。

興味のある人はやってみたらどうでしょうか、
健康志向の方、お勧めですよ。



実は、この玄米を食べようと思っていたので、私はここ1ヶ月ぐらい家でお米を食べていなかった。
ちょっと食生活を改善しなきゃと思う今日このごろです。
posted by teruterufox at 20:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

古河花火大会

なんにも仙人に誘われて
古河花火大会を見てきました。

茨城県の古河市は笹塚から80kmぐらいのところにあり
なんにも仙人が住んでいるところです。
よく、遊びに来てね、といわれていたけれども、
遠くて、なかなかいけなかった、
今回は、花火大会があるから、よい機会です。

ちょっと前に会場に行き場所とり、
かなりの人がいたけれども、男二人ですからね
隙間に入って真正面のとてもいい場所で見ることが出来ました。

花火は 間じかで見ると本当に凄く綺麗です。
空一面が花火の花で覆われる様は圧巻そのもの。
地響きのような爆発音と大輪の花火に
思わず、お〜! とかいう言葉が出てきてしまうぐらいの
迫力がありました。

この古河花火大会は 花火約15,000発(三尺玉3発含む)
ということです。
それは、花火大会としてはかなり規模が大きい方で、
1時間半連続で打ち上げられる量です。

花火1発でも結構するだろうな、と下世話にも思ってしまたのですが、
それが一瞬で消えてなくなってしまうというのも、
なんか清い気がする。
一瞬の命。
人生もまた然りなんて思ったりしてね。

発射箇所は4〜5箇所あったのかな、
連続の発射でも、リズムに狂いがなく、綺麗に発射されていたからコンピューターで制御されているのかもしれない。
ずーと以前に見たことのある花火大会よりも、明らかに演出がうまくなっています。
コンピューターで複雑で素晴らしい演出が出来るようになり、これからますます花火大会は進化していくんじゃなかろうか、
花火そのものも進化していて、ドラエモン花火とかあったしね、
ちょっと見づらかったけど、バンと開くと、ドラエモンの顔になる花火なんですよ。
よく作ったなと感心してしまいます。

そして、なんと言っても花火大会の雰囲気ていいですよね、
特に、浴衣姿の女性がいるといい、花があるというか品があり見ているだけで涼しくなる。
さらに二人とも浴衣を着ているカップはかっこいい。
絵になります。

着物の似合う男 ちょっとあこがれるな。
そして着物の女性と歩くのもあこがれる。
おそらくそれは私だけでなく、日本男児みんなの憧れじゃないかな。
私は女性と花火を見に行ったことがないからよけいそう思うのかもしれないけどね。

浴衣に憧れるなんて下品かもしれませんが、そうゆう意味でも
日本の夏の風物詩として、花火と浴衣は無くしたくない文化です。

来年はせめて浴衣を着て花火を見に行きたいものです。


写真は古河花火大会のものではありません、
でもこんな感じでしたよ。

花火写真ギャラリーより拝借させていただきましたのでリンクをのせておきます。
http://www.ne.jp/asahi/art/fireworks/
いろいろな花火の写真があるので覗いてみてくださいね。

070804-2.jpg

070804-3.jpg

070804-4.jpg

070804-5.jpg
posted by teruterufox at 11:00| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

相州屋閉店

私の部屋の大家さんでもある、
相州屋さんが7月末にて閉店を致しました。

ショック

今日知った、かなりショックです。

ここ十号通り商店街では、老舗中の老舗
入れ替わりの激しい中、ズーと昔のまま残っていて
多くの人に親しまれていたお店だから、
本当に沢山の人がショックなんでは無いだろうか。
張り紙を見ていた主婦も「え〜ショック」と唸っていた。

相州屋さんに話を聞いたら、閉めることを決めたのは
先月ということなのでかなり急な話。
でも、長い間やっていたから、決断にはかなりの勇気が必要だったとは思います。

ここの今川焼きは本当はおいしかった。
冷えてもうまい今川焼き。
アイスクリームも美味しい相州屋オリジナル。
それがもう食べられないとなると、
悲しいな。

次は何になるのかな?
またチェーン店が入るのだろうか。
だんだんと商店街の庶民的な感覚がなくなるのは
時代の流れとはいえ
淋しいものです。

私も資金に余裕があれば借りたいのですが・・・。
無理か。
posted by teruterufox at 17:24| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。