2007年07月31日

鰻尽くし

昨日は土用の丑の日ですね。
うなぎを食べましたか。

私は日曜日に横浜の家に帰って母と鰻屋にうな重を食べにいきました。

その店は家の近くのあまり人通りのないところにある、鰻専門店、あまり客が入っていない気がしたので、よく潰れないなと思っていたお店、
以前から一度は食べに入ってみたいなと思っていた。


母も同じように思っていたらしい、
そして、高いんだろうな、値段を気にしている。

入り口のメニューを見ると
2,600円、3,100円、3,600円 3つしかメニューにない。

高い・・・。

日本産なんだろうな・・・

母はやめようかと言い出したけど、
私が払うからと、入ることに、
頼んだのは一番安い2,600円のごく普通のうな重です。
身の大きさも普通。
味もまずくはないですが、うまい!と言うほどでもなく
普通だった。

過去記事でも書きましたが 
鰻と雪
私の中では、20歳のころ道で拾った鰻の蒲焼が今までで最高にうまかった鰻。
あの鰻を期待していたのですが、ちょっと残念。
やっぱ3,600円じゃないといけなかったのかな?

ご飯の量が少なく物足りなかったので、
帰りにダイエーで半額で売っていた、うな重弁当と鰻すしを買い、家でまた鰻を食べた。

2つで700円 中国産ですが、鰻屋の鰻と味がたいして変わらなかった気がしたのは

私の錯覚であってもらいたい・・・。

ということで鰻を沢山食べましたよ。





posted by teruterufox at 12:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

青春

先週は、いろいろな人に会って飲み会が続き、いろんな出来事があっていろいろと考えさせられることがあった。
私となんにも仙人さんは「女性と付き合ったことがないから女の気持ちがわからないんだよ」
とちょっと図星を突かれなにも言えなかったりしてね。

なんにも仙人さん まあ、もてない者同士で、のんびり人生勉強していきましょう。

ということで、土曜日に仙人と江ノ島に行き高校生に青春を分けてもらいました。
久しぶりに海で泳いで 気持ちよかった。

070724-1.jpg

070724-2.jpg

070724-3.jpg

070724-4.jpg

070724-5.jpg

070724-6.jpg

070724-7.jpg

070724-8.jpg

070724-9.jpg


posted by teruterufox at 15:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

すもも祭り

すもも祭り

先週の金曜日に府中にある大國魂神社で催された
すもも祭りに行ってきました。

毎年7月20日に行われます。
普段果物を買わないから分からなかったけど、
今はすももの時期なんですね、

すももで思い出すのが、私の父親です。
父もあまり果物を買う人ではなかったけども、
すももだけはよく買ってきました。

父はすももが好きだったんです、
それは、岩手の実家の庭にすももの木があり
小さいときはそれを取って食べていたからだそうです。

今その父の実家には従兄弟が住んでいて、
家は建替えられたけども、
すももの木は残っています。

私は、すももを見ると父を思い出しますが、
父は、すももを見ると田舎を思い出していたのでしょう。



お祭りでは、すももと
友人に頼まれていたカラス団扇も買いました。
カラスの絵柄の黒くてかわいい団扇です。



すもも祭りの起源(HP抜粋)

その起源は源頼義・義家父子が、奥州安倍氏平定(前9年の役)途中、大國魂神社に戦勝祈願をし、戦に勝ち凱旋の帰途、戦勝御礼詣りのためこの祭が起こりました。その祭神饌の一つとして李子(すもも)を供え、境内にすもも市がたつようになったのが、この祭りのの名前の由来です。

070725-1.jpg

070725-2.jpg

070725-3.jpg

070725-4.jpg

070725-5.jpg

070725-6.jpg

070725-7.jpg

070725-8.jpg

070725-9.jpg

070725-10.jpg

070725-11.jpg

posted by teruterufox at 13:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

アニヤハインドマーチ

朝からアニヤハインドマーチのエコバックのWeb販売に挑戦した。
1時間もパソコンの前で更新(1000回ぐらい更新した)を繰り返していたけど
結局サーバーに繋がらず販売終了。
日本での販売は今日が最後なんだよね、

残念。
posted by teruterufox at 00:57| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛がたりない。


理解ではなく、愛がたりない。
posted by teruterufox at 00:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

今日は休日

だったんすね。

ちょっとメタボリックなおなかを解消しようと思って、
先週から、毎朝代々木公園まで走っています。

今日、もいつものように走っていたら、なんかいつもと違う。
人が多い、なんでだろうと思ったら、
今日は休日だったんですね。
土日祝関係ない生活をしていたらか気が付かなかった。

しかし何の日だろう?
と調べてみたら 海の日 だって
そんな休日があったんだ、知らなかった。

これは海に行かなきゃ、やっぱ夏は海だ!
明日行ってみようかな。

ランニングの方は、
笹塚から代々木公園まで
距離はどのくらいだろう、3kmぐらいかな、
それを初日に20分で走りました。
かなり遅いです。
7年間まったく運動をしていなかったのですから仕方がない。

タイムの目標は10分、
マラソン選手並ですが可能のような気がする。
とりあえず毎日続けて短めていきます。

(勧めませんが)
ランニング後のタバコがおいしいです。
posted by teruterufox at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7つの願い

先日の七夕の日に「7つの願いをこめて」というメールが添付写真と共に届きました。

添付の写真を見つめて7つの願いをすると、願いが聞き取れられるというものです。

アメリカ辺りに友人がいるとこの手のメールが回ってきたりしますので、おそらくこれも元は海外のチェーンメールを日本語訳してまわしているものだと思われます。
おそらく届いている人もいるのではないだろうか。

ちょうど日本は七夕、願い事を短冊に書いて笹の葉に結びつける日でもあります。
短冊には願い事を一つしか書かないけれども、これは7つもお願いできるのでお徳です。

ということで7つお願いをしてみようと願い事を言い始めました。

「○○さんの病気が治りますように」「○○さんの仕事がうまくいきますように」「○○さんの体の調子がよくなりますように」えーとあと誰だったかな、と、5人ぐらい言った後 自分が入っていないことに気が付いた。

このとき改めて、自分の願い事てなんだろう? と自分用に考えたけれどもすぐには思いつかない。
願い事がないというのも、欲がないというよりなんか淋しい感じがしなくもない。
暫く考えて あ!そうだと思いついた願い事が、

「大金持ちになりますように。」

これで私もお金の事を心配するいことはないでしょう。

必ず願いはかなえてくれるそうですので、
皆さんも願いごとをしてみるといいですよ。

070715.jpg

☆☆
「7つの願いをこめて」こんなメッセージが来ました。
この写真はNASAの天体望遠鏡で撮影されたもので、3000年に一度と言われている大変珍しい現象です。これは「神の目」と呼ばれています。
この目を見つめる者には多くの奇跡が訪れるといわれており、見る物がこれを信じる、信じないは関係なく、7つの願いが聞き届けられると言われています。とにかく試してみて、どのような変化があるか、見てみてください。
この知らせを、「そのかたの願いが叶いますように」と思いを込めて、たくさんの方にシェアして下さい☆自分だけで独り占めはしないこと。
今日までが最も強いパワーだそうです。from NASA Hubbell Telescope. Make 7 wishes.
NASAのハッブル望遠鏡撮影
☆☆
posted by teruterufox at 01:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

規制暖和

先日 用事があって日帰りで盛岡に行ってきました。

盛岡まで、新幹線で片道13,840円掛かります。
往復だと27,680円になる。
旅行ではなくすぐに帰るつもりだったので一日の交通費としては結構な値段。
そこで、安く行く方法は無いかと探したら、

あった。

夜行バスです。
片道4,500円、往復8,500円 なんと19,180円もお徳
かなり安いですというか正直驚いた。

4,5年前にも夜行バスは使ったことがある、
そのときの価格は片道8,950円(横浜から)それ以上安いのは見つからなかったのに、今はその半額近い価格の夜行バスが存在するのです。

それが可能になったのは2000年ごろに行われた規制暖和。
バス会社の運営が容易になり乱立、価格競争に突入したようだ。

料金を安く出来るということは、
今までの料金が高すぎたのかだろうか?
でも、通常交通運賃というのは公示価格が提示されています。

公示運賃
http://www.kkt.mlit.go.jp/tetsuzuki/bus/2005-0728-0945.pdf


これによりタクシーやバス会社はある程度守られている。
しかし、ツアー会社はあくまでもツアーとしてバス会社からバスを貸しきるという形でこの規制から逃れ結果運賃を安くしているらしい。

この方法で急成長したのがWILLER TRAVEL という若干43歳の社長が率いる会社です。
40人の社員の大半は20代の若者で昨年の年商35億 今年はその倍を目指していうのだからその急成長ぶりが伺えます。
この若い会社の急成長の背景には規制暖和とともにインターネットによるチケットの販売が可能になったことも見逃せない。これにより販売効率をアップさせ空席を無くすということが出来るようになったからこその急成長がだったと思います。
実際、今回ネットで予約、振込をしただけで乗れたので以前より非常に楽だったです。

運賃は安いのに、格安バスツアーを扱っている旅行会社は業績をのばしているというのだから規制暖和さまさまですね。

といいたいところですが、喜んでもいられません、
今年2月大阪でスキーツアーバスがコンクリート柱に激突し、27人が死傷した事故記憶に新しいはず。
この格安高速バスの運行は必要な分だけバス会社からバスを貸しきるというスキーツアーの運行と同じ方式を取っているのです。

価格競争に突入した結果そのしわ寄せはバス会社に来ている、さらにそのしわ寄せは安全運行を期待する乗客に来ているのです。
事故を起こしたあずみの観光は 公示運賃の半額の価格で請け負い、その結果交代要員を確保せず、運転手は長時間の過密労働をしていたといいます。

自交総連(タクシー・観光バス等の組合)は
「安全輸送を顧みない過当競争で業界のルールが崩壊し長時間過密労働や過労運転がまん延している、いつ重大事故が起きてもおかしくない状況にある」と言っています。

安全と価格は確実にリンクしているんですよね。

行政はバス会社に対し公示運賃以下の仕事を請けないように指導していますが、でも実際には中小のバス会社は断りきれない、仕事が回ってこなくなるからで、ツアー会社に足元を見られていると言えます。
また WILLER TRAVELの社長は公示価格以下でも安全に運行できるとしいて下請けのバス会社を指導さらに、自らバスを購入してバスを運営し始めています。まるで既存のバス会社が安全に対する努力と価格に対する努力が足りないと言いたげです。
こうなると資本力の前に中小のバス会社は安全面においても負けてしまうかもしれない。
規制暖和は弱肉強食となるのかもしれません、最後によいものが残ればいいのでですけれどもね。

以前海外にいた時は日本の交通運賃の高さには驚きだった、特に航空券は同じ路線でも一度海外に出て海外で買ったほうが安いのです。その後格安航空券などが日本でも定着して安くなりましたが、鉄道バスに関しては海外に比べると未だに高く感じていた、それが今回夜行バスを使ってみて海外レベルに近くなってきたなと実感がしたのです。

もちろん安全は無視できないから、規制は必要です。その規制の上での競争はよいのではないかなと、
時間、快適さ 価格 それと安全性、利用者の選択幅が増えるのは私はよいことだと思います。
そして行政には安全面での監視をしっかりやってもらいたい。
税金を使っているのですから国民の利益になることをやってもらいたいんだ。

昔 国鉄からJR(民間)になったときに安くなると思ったのに安くなっていない。
鉄道もなんとかならないのかなと思ってしまった。

ちなみに 
盛岡往復27,680円だけれども、
今、HISで グアム3泊4日 29,800円 というツアーがあります。
http://www.his-j.com/tyo/tour/1gum/x-gum71-a.htm

韓国台湾辺りならもっと安い価格でのツアーもある。

やっぱりJR高すぎない?
新幹線もいいけれども、価格面での努力を全くしていない気がする。
そうなると、ちょっとバス会社に頑張ってもらいたいな
なんて思ってしまっています。
posted by teruterufox at 23:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

裏切りは女のアクセサリー

『裏切りは女のアクセサリーみたいなものさ。
 いちいち気にしてちゃ女を愛せるわけないよ、
 そうだろ?』


  by ルパン三世


唐突ですが、上のセリフは
「ルパン三世」の記念すべき第一作にて、峰不二子に裏切られたルパンが言ったセリフです。

私がルパン三世の中で一番好きな名台詞 と言っても、当時初めて見たときは小学生、その意味が分かるはずもなかったのですが、

今は激しく納得、

この台詞が言えるルパンが大人に見え カッコイイー! とさえ思える。

実際には不二子に裏切られたルパンの負け惜しみなんだけれどもね、負け惜しみの中でもこの台詞が言えなきゃ、男は。

女性陣はどう思うかな、やっぱりこの台詞を言えるルパンはカッコイイと思えるんじゃないだろうか?

PS
決して女性が裏切り者だということではなく、男はそのくらいの器量があったほうがいいということです。

0707010.jpg
posted by teruterufox at 17:25| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

徳川家康

念願だった山岡荘八の徳川家康を読んだ。
山岡荘八の徳川家康は単庫本で全26巻もあり、完読するには半年〜1年掛かるといわれるほどの超大作、これを読み始めるにはかなりの気合がいります。

ということで、実は私が読んだのは山岡荘八の原作を元に横山光輝の書いた漫画です。
漫画ですが、漫画とあなどるなかれ内容密度は濃く読むのに結構時間がかかりました。(とにかく登場人物が多いので覚えるのが大変)
世の中には読むべき価値のある本というのはあると思うのですが、まさにこの徳川家康はそんな本。

幼年時代の織田、今川への人質から、死の前年の大阪夏の陣 までその生涯はまさに戦に翻弄された人生、家康は妻と長男を自害させています、普通の人なら耐えられない出来事だ、そんな戦国の世を生き抜き波乱の末、天下泰平を果たした徳川家康だからこそ学ぶべきことは多いといえます。

巷では家康は信長や秀吉より人気が無いのですが、それは司馬遼太郎の家康像からの影響もあるみたい、もちろんこの本も山岡荘八の家康像の空想ですので、全てを鵜呑みには出来ないですが、出来事の事実に沿ってはいるので説得力があります、また空想にしても価値ある空想だと思う。
「リーダー必読」とも言われているのですが、それもうなずける本だったので、人の上に立つということはどうゆうことなのか興味のある方は読んでみるといいですよ。

私が家康がなんとなく好きなのは、幕府を江戸に開いたこと。
あまりそのことをいう人はいないのですが、人のものを奪うより作り出す人の方が偉いと思う。その観念からなにもなかった土地から東京という大都市の基礎を作った家康は偉い。
当時は関西が時代の中心、信玄も信長も秀吉も京を目指したのに対し、小田原征伐の後、家康は京ではなく、古都鎌倉でもなく、そして先祖代々住んだ縁の深い三河を去り、江戸を選び居を構えた。
秀吉による国替えではあったけれども、また朝鮮出兵をかわす目論見もあったかもしれないけれども、とにかくなにもなかった江戸に居を構えた家康に開拓者としての心意気を感じて好き。
その当時の江戸は野原の中に小さな城があっただけの田舎の土地だったと言います。
その江戸を家康は大阪にも勝る大都市に作り上げてしまったのですからね、凄いですよ。

その後、関が原と大阪冬夏の陣を経て日本全体までも統率してしまう、
才能のある人はいるものですね。

この物語はリーダーというのはこうして出来上がっていくのか、分かりやすく説明をしてくれた感じの本でもあります。
こうゆう本を読むと私にどのような影響があるのかな?
家康の愛読書は歴史書だったといいます、とりあえず私は天下とは無縁ですが、なんらかの形で影響があればいいな。
posted by teruterufox at 19:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

7つの社会的罪

マハトマ・ガンジーさんの墓には
「7つの社会的罪」Seven Social Sins
が刻まれているそうだ。

1. 理念なき政治  Politics without Principles
2. 労働なき富   Wealth without Work
3. 良心なき快楽  Pleasure without Conscience
4. 人格なき学識  Knowledge without Character
5. 道徳なき商業  Commerece without Morality
6. 人間性なき科学 Science without Humanity
7. 献身なき信仰  Worship without Sacrifice

ガンジーが世の中を荒廃させる社会的要因としてあげたもの。

まるで今の時代を予言しているような言葉。
ガンジーは人と言うものが分かっていたから
社会というものをわかっていたから、
そして、そうゆう時代がくることが分かっていたから
あえてこの言葉を残したのだろう。

自分はどうなのか
考えさせられます。
posted by teruterufox at 22:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

手作りアイス作りました。

暑いのでアイスクリームでも買おうと、近くのスパーに行ったら、いつもの2リットル入りのアイスが無い。

ショック!

変わりに牛乳アイスなるものが売っていた。
ちょっと悩んだ末、なんだ、牛乳を凍らせばアイスクリームになるんだ、それなら自分で作ってしまえはいいんじゃん、とアイスではなく牛乳を買ってしまいました。

どうせなら本格的に作ろうと思い、ホイップクリームとタマゴを買って、手作りアイスクリーム作りに挑戦です。

材料は

070101-1.jpg

牛乳1ℓ(150円)
ホイップクリーム200ml(146円)
タマゴ 4個 (40円)
砂糖
バニラエッセンス少々
板チョコ(89円)

だけ、

作り方は簡単、
チョコ以外の材料を全部ミキサーで混ぜ冷蔵庫で凍らします。
ここまで10分ぐらいの作業。
凍ったらまたミキサーでかき混ぜる。
それを2度くりかえし、チョコを砕いていれてまた凍らせて出来上がり。

070101-2.jpg

初めての手作りアイスクリームドキドキしならがら食べてみると

うまい!

いつものアイスクリームより

うまい!

こんな簡単なのに、

うまい!

お勧めです。

070101-3.jpg

あまったチョコの粉をかけています。
(クリックすると大きな画面で見れるよ。)
posted by teruterufox at 21:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。