2005年09月17日

電車男 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ!

電車男 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ!

ほとんどテレビを見ない私がはまっているテレビドラマがあります。
毎週木曜日夜10時からやっている「電車男」 です。

今のテレビドラマの中では一番の視聴率を得ているドラマなので、ほとんどの人が知っていると思いますが、
ちょっと説明すると、
実際のネット上の掲示板でやり取りをされた恋の話しを元に構成された物語です。

私は電車男の話を1年前に掲示板のやり取りをまとめたサイトで読みました。
読んでいて・・・・はまりました。
リアルタイムに進んでいく恋の話しに、読んでいる人は引き込まれていきます。

この話がネット上でやり取りされたのが去年の3月ぐらいの話し、それからまとめサイトが出て、そして本が出版された、さらに映画化され舞台化もされ、そしてドラマ化です。
なんとも展開が速い、
それだけこの話しの持っているものに人々は引き付けられるのでしょう。

私もこの話しは印象に残っていたので、ドラマを見はじめました。
実際の話しよりかなり作られているのですが、でもとにかくおもしろく、はまっています。
思わず人を好きになることはどういうことなのか考えてしまいますよ。

電車男の純真な心に誰もが応援したくなる、私も思わず 頑張れ電車! と言わずにはいられません。
特に今週の第10話は泣けました・・・
エルメスに別れを言われ、全てをあきらめてしまった電車男に全ての人が応援しはじめた。

ここであきらめるのか電車!、お前は最後のミッションを遂行していない!
告白をしていない! あきらめるのは最後のミッションを遂行してからにしろ!
勇気を出せ! 電車!
告白しろ! 電車! 告白しろ! 電車! 告白しろ!
告白しろ!告白しろ!告白しろ!告白しろ!告白しろ!

最初主人公のオタクを嫌っていた女性陣すら、応援をし始めている。
世界の全の人が二人を応援し始めている、それぞれの自分を重ね合わせて・・・・。

このドラマのエンディングに流れる音楽がまたいいのです。
久しぶりに あ! この曲いいよ! と初めて聞いただけでグゥグと来た音楽。
サンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」 
アホみたいだけども、このエンディングを見たときマジで泣けてきた・・・・

最初、エンディングで歌っている映像の冴えない顔の男達はなんなんだ?
本当にこいつらがこの曲を歌っているのかと思ったんです。
今の世の中音楽もビジュアル重視でカッコいい人、またはある程度カッコつけて歌っていたりするのですが、彼らはどちらかというとブサイク(私も人のことは言えませんが)なのです。
しかし、ブサイクな彼らでも、全力で歌う姿がとてもカッコよく見える、
見かけや格好なんかどうでもいい…ただ俺たちの歌を聴いてくれ!!
そんな姿勢が凄くカッコいい!

そしてもちろん歌詞もいい。
男は泣けます。 女性もこの歌詞を聴いて泣くだろうか?
それはわからないけど、私は泣けました。

**********************
君と僕が夢を叫ぶ 世界はそれを待っているんだぜ

あなたのために歌うのが これ程恐いモノだとは

だけど僕等確かめ合う

今までの過去なんてなかったかのように

悲しみの夜なんてなかったかのように歌い出すんだぜ

世界じゃそれを愛と叫ぶんだぜ
**********************

歌詞だけだとパッとこないけど曲を聴くと魂の叫びのように聴こえて
たまらないものがあるのです。

「あなたのために歌うのが これ程恐いモノだとは」
このフレーズが好き
この言葉感じるものがあります。
今一歩の勇気のでない男はみんなそう思っていると思う。

この曲は電車男のテーマとして作られました。
その際 サンボマスターは次のコメントを書いています。

********************
 僕等の今回のシングルは
 あまりに最高だと思ったので、
 自らペンをとりました。
 世界とあなたと裏切りの夜と祈りの朝
 大声で叫ぶ女と小さな声で決意する少年
 僕等はそんな日々に
 どうしても愛と平和と言わなきゃいけない気がしたんだ」

サンボマスター 山口 近藤 木内泰史
********************

興味のある方は是非 電車男のエンディングを見てみてください。
ただ、来週で電車男最終回です。



ちょっと前に 知り合いとこの電車男の話をしたら、リアルタイムで掲示板で読んでいたとのこと、これてやっぱり本当の話しなんだな。
posted by teruterufox at 22:55| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。