2005年01月25日

値段付け

今日ルイビトンのバックを持ってきてくれた人がいました。値段はちょっと考えて1万円?と言ったら、それでいいですいつもお世話になっているし早く売れたほうがいいからね。
と親切に言ってくれたので1万円を付けました。
お店にには沢山のバックが売れ残っているでも、ビトンで1万ならすぐに売れるのではないかと思ったのです。するとすぐに男性の方が見つけ出してしばらく手にとって眺めていた・・・本物かどうか?もう少し安くならないかと聞いてきたので、「本物かどう私にはかわかりません、持ってきた人は本物と言っていました、値引きは出来ません」と言いました。でしばらく考えた後に明日来るからとっておいてほしいといわれましたのでそのようにしましたが、その後いつもくるお客さんがこのカバンをみて、なんでもっと高く付けないのと怒られてしまった。
「この商品の状態なら2万〜3万で売れる商品ですよ、照井さん商売下手だよ!持ってきたお客さんが言いといっても高く売ってあげたほうがうれしいじゃないですか、そしたらまた持ってこようと思うでしょ。他の売れない商品は元値が高くても安くてもいいのです、人気のあるものはそれなりの値段で売らないと商売やっていけないよ。このお店潰れた私たちが悲しいんだからね。!」
ごもっともです。 このお客さんは比較的にブランドものには詳しいく商品の人気不人気も含めて冷静に値段を判断してくれます。よい物は高く売ってあげないとよい物を持ってきてくれる人が離れるのはわかります。
ただ、今回の場合私はビトンの専門ではない弱みがありました。
私はビトンの本物を何点か売っているし偽物も見ています、今日のものは全体の感じから本物で間違いないし持ってきてくれた人もとても信用できる人ですので間違いないです。
ただ専門家ではないのでおお客さんには断言はしません。悪いですがあとは品と値段を見てお客さんに判断してもらうしかないのです。
その弱みがあるのである程度低めに設定してしまいます。期待をして欲を出して高く値をつけたらずーと売れず反省したり、すぐ売れるともっと高くつければよかったかなと思ったりする時もある。値段付けというのは難しいですね。
全体的にこのお店のリサイクル商品は一般より安くなっていると思う、それがこの小さなお店の売りでもあるのですが、極端に安くてもお店はやって行けない。一般より少し安くのその一般というのをもっと知識として身に付けみんなに提供しなければ、みんなが頼りになるお店にはならないですね。もっと世間や流行を見ないといけないなと思いました。
posted by teruterufox at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。