2010年01月10日

(秘)色情めす市場

2010010-1.jpg

昨年はあまり更新をしなかったのですが、みんな元気かな。
今年も頑張りましょう

私は映画が好きなので、今年最初の記事は昨年一番印象に残った映画のことを書きます。

昨年末、「(秘)色情めす市場」という映画がいいというので、見ました。

日活ロマンポルノです、
私の年齢以上の人は日活ロマンポルノに、甘酸っぱいものを感じる言葉ではないだろうか、
昔、場末の映画館とかに凄い題名のポスターとか貼ってあってどんなんだろう?と思っていたけれども、
なにせ成人映画ですからね、子供は見てはいけない映画、
はずかしくて入れなかった。

今は一応成人しているしDVDなのですが、いまだに日活ロマンポルノと思うとなんか緊張します。
さらに題名が「 (秘)(マル秘)色情めす市場 」ですよ、
どんだけすんごい題名だ!
どんなんかな〜、どんな場面があるのだろうか? ワクワク、ドキドキ、ティッシュとか用意したほうがいいのだろうか・・・・
などと、初めて見る日活ロマンポルノに長年の妄想を広げながら見始めると。

最初の通天閣のアップが白黒、ピンク映画の色はピンク色だと思っていたけど、そんなに古い映画なのか? 
そして引きの画面から路上で話している女性へのズーム、なにかもめているようだ、そして主人公らしき女性の「うちななんかさからいたいんや。」というやるきのないトーンのセリフから指名手配の写真と大阪の町のカットと寺の鐘の音・・・・・・・・・。

冒頭からエロからかけはずれた、
とても重厚なオープニングで始まります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いあ〜凄い映画だった、強烈、興奮しました。
興奮といってもあそこではないのでティッシュいりません、脳内がです。
エロを期待した題名には偽りありですが、それ以上に内容がすご〜い濃い。
おもしろいと聞いて見ましたが、
これは、まぎれもなく映画史に残る傑作、名作の部類の作品ではないですか。
少なくとも根っからの映画好き、そして活動屋(映画作りの人達)が見たら唸る作品でしょう。

物語は大阪のあいりん地区で売春を生業として暮らす親子とそこに流れ着いたカップルの物語。
カメラは第三者の視点というか、淡々と彼らを映して行きます、押し付けがましい撮りかたではないので、それはどこか小津安二郎の名作「東京物語」と同じよなテイストを感じさせましたが、東京物語よりも、カットやアングル、モノクロの光と影を使った演出などが各所で効果的に使われていてうまい。モノクロのフィルムが生きています。
物語りは日常を描いているので大きな感動とかエンターテイメント的な面白さは無けど、ドヤ街の雰囲気と登場人物達の人生が相まった混沌とした世界観がもの凄く心にどしんとくる重みがあり、名作としての風格を間違いなくこの映画は持っているんです。

それと、無駄のない演出もさることながら、この映画を傑作にしているのは出演者たち、
最初やるきのないセリフでヘタだなと思った主人公トメを演じた芹明香の存在感は半端ではなく、中盤から彼女に釘付けになってしまった、完璧な演技というより素ではないかと思うぐらいの圧倒的な存在感はまるで実際にトメという人間が存在しているかのよう。この作品は芹明香のためというか彼女抜きには成り立たないでしょう。
母親の花柳幻舟はまさに怪演。
映画ではなく現実の世界で家元をぶっ刺した家元襲撃事件を起こしたり、天皇即位礼で爆竹を投げつけた事件を起こしたので名前は知っていたけれど、この映画で初めて見た。
凄みのある彼女の演技は現実世界で映画よりエキセントリックな彼女の一部をかいわみた気がします。
白痴の弟サネオの演技ももの凄過ぎます。特に姉のトメにコンニャクで癒されているときの表情はすばらしく、コンニャクってそんなに気持ちいいのか気になってしまった。

と、とにかくこの三人はありえないくらい個性的な役なのに、ドキュメンタリーのように自然に演じていたのがこの映画を名作と呼ぶにふさわしい素晴らしいものにしているんです。
それと、サイドストーリーとしてこの町に流れ着いたカップルの男性役の萩原朔美もなんかいい。ちょい役ですがダッチワイフに空気を入れるシーンは、存在感のある情けなさがよく出ていて凄くよかった。


映画は白黒なのですが、1部だけカラーになります。
どこかというと、サネオが姉のトメと性交したあと、いきなり鶏のアップがカラー、その後通天閣まで行くサネオと共に大阪の町をカラーで映しだします。
あの鶏は何を比喩していたのか?今の私には謎なんですが、カラーで大阪の風景を捉えたのもうまい使い方だった。
しかし、ポルノ映画なのだから性交渉をカラーで見せるかとおもいきや、鶏のアップをカラーにするとは、これは確信犯ですよ。
私もエロは期待したのですがなんせ鶏ですからね、公開当時題名で見に行った人には怒った人もいたかもしれない。
濡れ場としては宮下順子のシーンがあります、普通ならかなりエロいシチュエーションだと思うのですが、いかんせん他が凄すぎました。


この映画をちょっと賞賛しすぎですが、
私が映画が好きなのは、人生を学ぶというか、私にはわからない人生の疑問を少しでも理解するために映画を参考にしている気がする。
この映画そんな思いに理想的な映画だったんです、
昨今の映画には絶対無い、熱量の高い人間ドラマを見せられ、久々に胸にどしんと重く残ったのでした。

やっぱ映画ていいな。
またよい映画がみたい。



他の人はどうかなと、アマゾンのレビューをみてみたら、みんなよかったと書いてあり私の感覚もそんなにずれていないんだなとちょっと安心。
この映画成人映画ですが、映画というものが好きな人は一度みていただきたい作品です。

アマゾン 色情めす市場レビュー


posted by teruterufox at 14:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年09月03日

夏は終わり

今年の夏は短く、
8月の末には、既に秋の風が吹いていた。

夏は海に行かずに終わってしまい、夏らしくない夏という印象
来年は沢山海で泳ぎたい、潜りたいな。

でも、お盆は岩手の田舎へ行ってきました。

イーハトーブは一つの地名である。
強て、その地点を求むるならばそれは、
大小クラウスたちの耕してゐた、野原や、
少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中、
テパーンタール砂漠の遥かな北東、
イヴン王国の遠い東と考えられる。
実にこれは著者の心象中に、
この様な状景をもって実在した
ドリームランドとしての日本岩手県である。
そこでは、あらゆる事が可能である。
人は一瞬にして氷雪の上に飛躍し
大循環の風を従へて北に旅することもあれば、
赤い花杯の下を行く蟻と語ることもできる。
罪や、かなしみでさへ
そこでは聖くきれいにかがやいてゐる。


以前にも書いたことがある気がするけど、
宮沢賢治の書いた「注文の多い料理店」の広告の文章です。
賢治の故郷岩手県花巻をこのように表現するとは、
宮沢賢治の想像力とセンスのよさに脱帽なのですが、
今の岩手県花巻に上のようなワクワクするようなイメージは無い。
田舎は静かでいいのですが、町に活気のない寂しさもあります、
実は自殺率も秋田に次いで非常に高いんです。
賢治の時代は活気があったのだろうか、
それとも賢治の心の中のドリームランドなのだろうか。

母の話を聞くと昔は活気があったような、
家の近くの今は誰も訪れることがなさそうな神社、
昔はお祭りが盛大に行われ、子供のころそのお祭りが楽しみだったと言っていた。
近くの誰もいない駅前でも、昔は歌手が来て演奏会が行われていた言う。
60年以上前の話。

岩手の田舎で小沢一郎の選挙カーが通り、
この地域は長年小沢一郎の地盤だったことを気が付かせた。
でも、
小沢さん自身はほとんど地元に戻ることはないらしいです。
国会議員は地元との対話がもっと必要なのではないかと思う。
地元の意見を国政に届けるのも仕事なのではないだろうか。

その小沢さんは、政変のたびに裏で暗躍するイメージがあります。
田中角栄時代から裏で動いていた人だし、細川内閣のときもメインでありながら裏方だった、
今回の民主党圧勝の功績も大きいけど、やっぱり裏方が好きだから、入閣はしないのだろうな。

昔から小沢さんの政策というのは見えてこないんですけど、どうもアメリカと同じ様な2大政党制を考えているようだ。
おそらく今回、自民、公明、共産以外の政党と連立を組みにいくと思う。
そんな政局には実力のある人ですが、
政局優先のあまり国民不在の政治を作り上げたのではないかなぁ。
表に出なくてもいいけど、以前の二の舞にならないように、しっかりとした人材を集めてほしいものです。

なんか古い政治家が頑張っているようでは、
みんながワクワクするようなドリームランドに程多いような気がする、
若い政治家もっと頑張って!

民主党マニフェスト
小沢一郎ウェブサイト

ところで、
田舎での私の楽しみは自転車で山奥の夏油温泉へ行くこと。
約25km延々とのぼり坂で疲れますが、山の中を自転車で走るのは気持ちがいいのです。
その夏油温泉は以前より寂れている印象だった。
来年はもっと寂れるのかな。
ここに関しては、それはいいなと思える。

090902-1.jpg
途中で撮影、この谷の奥に夏油温泉があります。

090902-2.jpg

090902-3.jpg


posted by teruterufox at 00:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月02日

花火

090801_1.jpg

古河の友人の家の近くの花火大会を見にいった。

古河まで電車で1時間半ぐらい、昨年は数人で行ったけど、
今回は一人、眠かったけれど、乗り過ごさないように、必死でおきて古河到着、
現地の河原にマットを敷き、寝ころがっていたら寝てしまった。
地響きのような音もここちよく、花火も半分夢の中・・・
夕方の河原はきもちよい。

視界いっぱいに広がる光の宴、
怒号の音と一瞬の鮮やかな輝き、
そして静かに
チラチラと輝きながら消え行く寂しさ、

なんか、やっぱり 
風流だな〜。


久しぶりにお出かけだった、
通勤がないので歩く範囲でことが足りてしまう。
ここ数ヶ月行ったところは、
近くのスーパーと100均とコンビニと横浜の実家(バイクで)
それと、代々木公園ぐらいかな、
代々木公園はたまに走って行っています。
最近あまり出かけていないけれども、今はそうゆう時期かも、

そうそう、うちから30mぐらいのところにある
いづみや食堂へも行った。
こんな近くにこんなレトロな空間があったとは。
40年前の内装が何気に懐かしさを感じさせる不思議。

posted by teruterufox at 21:15 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月22日

皆既日食

笹塚から見た、皆既日食です。

090721_1.jpg

曇りだったから直接見えた!

posted by teruterufox at 16:19 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月21日

明日は皆既日食

明日は皆既日食なので作っておきました。

090720_1.jpg

posted by teruterufox at 16:57 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。